十三機兵防衛圏 推理アドベンチャーゲームだったwww 評価 レビュー 感想 ノベル プロローグ プレイ動画

更新日:

十三機兵防衛圏 は、アクションゲームだと勝手に思っていた。

前作の「オーディンスフィア・レイヴスラシル」も「ドラゴンズクラウン」「朧村正」も、ヴァニラウェアが作る、評価されてきたゲームは、すべて2Dの横スクロールアクションゲームだった。

しかし、十三機兵防衛圏 はちがった。なんと、推理アドベンチャーゲームだった!!

ええええええってなったwww

十三機兵防衛圏 推理アドベンチャーゲームだったwww

十三機兵防衛圏 のプレイ動画

ゲームを始めると、13人のキャラクターが表示される。しかし最初に選べるのは鞍部十郎1人のみで、鞍部十郎編をクリアすると、他のキャラクターのストーリーが解放される。

これはセガが発売したサウンドノベルゲーム「428」と似ている。

ストーリー

町が崩壊し逃げまどう人々。

少女は特殊能力を持っており、ロボットを召喚し、ワープして乗り込む。

「こうして僕たちがロボットに乗って戦う。すっと前から決まっていた事なんだ…」

この導入を見た感じだと、2019年1月に放送された「リヴィジョンズ」とプロットがよく似ている。

「起きるんだよ・・・ヤバイことは・・・へへ」「俺がみんなを守る!」「これは運命なんだ・・・」

リヴィジョンズ を見た感想、レビュー

アドベンチャーパート

プレイアブル(操作できる)状態になると、教室内を移動できる。クラスメイトに話しかけて情報収集し、会話中の「キーワード」を選んで、ナゾを解いていく(クラウドシンク)。

ここは会話パートで、他にもアクションパートがあるかなと思っていたが、全編こんな感じだった。

画面上のキャラクター(NPC)に話しかけて、正しい「キーワード」を選ぶ。まるで、推理アドベンチャーゲームであり、EVEバーストエラーなど古典エロゲーでよく見るタイプの、総当たりでコマンドを選択するタイプの探索ゲームだった。

グランドホテル方式のシナリオ

キーワードを選んで探索パートを進めると鞍部十郎編クリア。他のキャラのストーリーが解放される。

このように複数のキャラクターの視点で一つの物語を作る脚本を、「群像劇(グランドホテル方式)」と呼ぶ。13人のキャラクターの話を同時進行して、最後に1つにまとめて昇華させる必要があるので、脚本家の腕が問われる。

最近では、「ブギーポップは笑わない」の脚本が群像劇だった。

自らハードル上げてない?

このように、十三機兵防衛圏 はアクションゲームではなく、推理アドベンチャーゲームだった。ロボットに乗って戦うアクションパートがあるかもと思ったが、公式サイトを見ると「ジャンル:ドラマチックアドベンチャー」と書いてある。"アクション"とは書かれていない。

ノベルゲームだと脚本が評価される。俺みたいなめんどくさい脚本評論家が多数、シナリオの整合性やあら探しを始める。

ヴァニラウェアって、今までその美しくてグリグリ動く2Dドット絵が評価されてきたと俺は思ってたけど、なぜそれを活かせないノベルゲームに手を出すのか、理解できない。

素直にアクションゲーム作っときゃ良かったのに・・・。ユーザーもそれを求めてたと思うけど?ドラゴンズクラウンの続編がやりたかった。

 

十三機兵防衛圏 あなたの評価は?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

十三機兵防衛圏 の他の記事を読む

トップページへもどる

十三機兵防衛圏 とストーリーがそっくりな「リヴィジョンズ」は、ネットフリックス独占アニメ。あのコードギアスの谷口悟朗監督の極上の新作アニメを12話(6時間)たっぷり楽しめる!

リヴィジョンズ をネットで見る方法

 

(c)ヴァニラウェア / アトラス / セガ

-感想、レビュー
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.