バイオハザード7

バイオハザード7の謎、考察その4!クリスの無線、イーサンはいつ感染したか、ミアのメール攻略

更新日:

バイオハザード7の謎、考察を画像つきで分かりやすくまとめました。最後の無線はクリス、エヴリンを作ったH.C.F.の敵対組織、イーサンはいつ感染したか、ミアからのメールを出した人物などを紹介します。

バイオハザード7の謎、考察 その4

この記事は、バイオハザードの謎、考察その4です。その1その2その3はこちら

最後の無線はクリス?

ゲーム終盤の沼の廃鉱に行く前のセーブルームにある無線を調べると、何者かの通信による会話を聴く事ができる。

会話の内容

???:
 アルファ1、アルファ1、応答せよ

クリス?:
 こちらアルファ1だ。何かあったか?

???:
 ベイカー邸を捜索したが、生存者はゼロだ。くり返す、生存者はゼロ、争った痕跡がある

クリス:
 エヴリンか?

???:
 違うようだ。だが、ベイカー家の長男が第三者に送った暗号通信の記録を発見した。誰に送ったか想像がつく

クリス:
 どうやらアタリだな

???:
 ヤツはその近くの廃鉱にいると情報が入った

クリス:
 了解。こちらも廃鉱に向かう

???:
 エヴリンを見つけた場合、発砲を許可する。いいな、奴を仕留めるんだ

最後の無線の会話から分かる事

・通信者は、エヴリンを知っていた
ルーカスの裏にいる組織を知っている
・クリスと会話してるのは、上官

 ラストの通信がクリスのものかは確定ではないが、音声を日本語にして、無線があるシーンで聴いてみればクリスかどうかハッキリするだろう。クリスに発砲を許可すると言っている事から、相手はクリスの上官とみられる。

エヴリンを作ったH.C.F.の敵対組織

特殊工作員:アラン・ドロニィ
特殊工作員:ミア・ウィンターズ

 敵性組織による「エヴリン」奪取の可能性が報告された。中米支部までの「エヴリン」移送作戦への随行を任ずる。移送においては、下記厳守せよ。

・移送中は、「エヴリン」と親子を装い保護・監視せよ
・エヴリンのバイタルは、支給した「ゲノム・コデックス」で常時管理せよ
・任務遂行困難と判断した場合、「エヴリン」を処分せよ

上の文書を読んで分かったこと

・ミアは特殊工作員だった
・エヴリンを開発した組織の、敵となる組織がいる
・ミアはエヴリンを処分できる立場にあり、組織はエヴリンを処分しても良かった

 敵性組織とは、もしかするとクリスのいるアンブレラ社の事かも知れない。アンブレラに、H.C.F.、ルーカスに研究させていた組織など、バイオハザード7にはまだ解決していない謎が多く残っている。

 なお上の文書は、ビデオテープの中にあるので、ファイル文書で読む事はできない。

イーサンはいつ感染したのか

ゲーム終盤に手に入るファイル「感染症例レポート」によると、カビに感染すると人間の体の細胞を徐々にカビに置き換えていく。

【感染初期】

1.感染すると再生能力が飛躍的に上がる
腕や足を切断する実験で、数分以内であれば容易に自然接合する事が確認された

【感染中期】

2.カビが脳幹にまで達すると、感染者の思考はE型被験体(エヴリン)と「同調」する
感染者は幻覚や幻聴を発症し、言動をE型被験体に支配される
この状態が続くと、最終的に完全に自我を喪失する

【感染末期】

3.カビ化が進み、人間の姿を超えた形態に変わる
驚異的な身体能力を持ち、感染者により見た目が変わる

 イーサンはゲーム序盤でミアに腕をきられた時すでに、感染していた事が分かる。でなければ説明がつかない。イーサンの症状は、感染中期まで進み、ジャック・ベイカーやマーガレットは、感染末期だったことが分かる。イーサンはいつ感染したかだが、これはよく分かっていない。ミアに腕をきられた時の前に感染したのだろうが、特にあやしい場面はなかった。空気感染するとでも言うのだろうか。

ミアからのメールを出したのは誰か

差出人:ミア・ウィンターズ
送信日時:2017年7月18日火曜日23:04
宛先:イーサン・ウィンターズ

ルイジアナ州 ダルヴェイ ベイカー農場

迎えにきて

 イーサンがベイカー邸に行く事になったのは、3年前にいなくなった妻のミア・ウィンターズからメールがきた事から始まる。メールの文章は片言で、エヴリンによって操られて送ったようだ。

【自分は呼んでいないと言うミア】

【私を探さないで!!】

差出人:管理人

バイオハザード7 謎、考察 新たな情報 このサイト

またきてね

トップページへもどる

 

(c)カプコン / バイオハザード7 レジデントイービル

-バイオハザード7
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2017 All Rights Reserved.