最果てのバベル をプレイした評価、レビュー 感想 評判 王道RPG ストーリー グラフィック

投稿日:

2019年6/12に配信されたスマホゲーム「最果てのバベル」をプレイした。

王道RPGで戦闘はコマンド入力式、グラフィックが綺麗で、キャラデザも良い。

ストーリーも丁寧で先が気になる。もっとプレイしたいとモチベーションがわいてくる。

6時間ほどプレイしたが、無課金でチャプター10まで進めることができた。課金しなくても楽しめる。

コロプラの本気度が伝わってくる正統派RPGだった。

最果てのバベル をプレイした感想、レビュー 

バトルは、FGOやグラクロのようなカード式バトルではなく、FFのようなコマンド入力式バトルで、とっつきやすい。

BGMも良い。

ボスがけっこう強くて歯ごたえがある。

課金について

課金は、ガチャ形式で、「闇鍋」とか言われているが実際やったところ、武器とジョブの「闇鍋」ガチャだった。そこまでひどい課金だと思わないのは、私の感覚がマヒしてるのだろう。

キャラクターのSSRジョブのピックアップガチャなどがあるので、それを回して装備品を揃える。

SSRジョブの強さは圧倒的で、SSRジョブがないとたぶんボスたおせないのではと思った。私は主人公ライのSSRジョブが、運良く出たので、サクサクチャプター11まで進める事ができた。そのへんはやはり課金ゲーかなと。

私は課金しなくてもチャプター11までいけたので、レベルさえ上げれば無課金でも楽しめるはず。

面白いか

面白いと思う。私は新作スマホゲームを毎日のようにプレイしており、通常1時間くらいプレイしたら、飽きてやめてしまうのだが、最果てのバベルは気づけば6時間ぶっ続けでプレイしていた。夢中になってプレイしていた。よくできてると思う。

 

トップページへもどる

 

(c)コロプラ

-感想、レビュー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.