すごいオシャレ!キャロル&チューズデイを見た感想、レビュー 評価 作画 曲 1話 5話 Netflix

投稿日:

キャロル&チューズデイを見た。すごいオシャレなアニメ。

少女2人が歌手になっていく物語で、曲が良いし、作画も良い。脚本もなかなか。なによりイヤな奴がいないので、清涼感があり、見終わった後に清々しい気分になる。

音楽に一生懸命なキャロルとチューズデイの2人の少女に、マネージャーをやりたいという男性が現れて、優秀なADやスタッフが集まってくる。

夢を実現するために一生懸命やる人って、やっぱ応援したくなる。

作画がすごいキレイ。今季(2019春アニメ)は「鬼滅の刃」の作画が良いと話題だが、キャロル&チューズデイの描き込みもすごい。何より曲の演奏シーンがあるので、どうしても画を動かす必要がある。

歌手を目指して少女2人が奮闘するアニメって始めて見た。映画とかではよく見るプロット(脚本)だが、アニメだと新鮮に感じる。

あと曲が良い。アニソンみたいな曲じゃなくて、ガチで外人に作詞・作曲・編曲させて、ハーフが唄ってる。

すごいオシャレ!キャロル&チューズデイを見た感想、レビュー 評価 作画 曲 Netflix

作画がめちゃくちゃいい!

私は作画とかあまり気にしない派だが、このキャロル&チューズデイの描き込みの細かさは、素人目に見てもすごい。この美しい画が動く。4話まで見たが、作画崩壊したシーンがなく、クオリティが維持されている。2クール(全24話)やるらしい。

もうこの作画が見れただけで満足であり、さらに曲もいいし、脚本もいい。すごくレベルが高いアニメ。

曲がいい

ふつうに良い曲でびびるwこんなの反則だろ。

脚本もいい

作画、曲、声優が良くても、脚本が良くなければ良い作品にはならない。

キャロル&チューズデイは脚本も安定している。各話の冒頭で歌手として売り込むための「目的」が示されて、その目的のために少女2人とそれを応援する人達が奮闘して、30分以内にきちんと物語として完結する。

こういう作品で1つでも雑音(イヤなキャラクターがいる、声優が合ってない、脚本がおかしい等)があると気になって作品に集中できないが、キャロル&チューズデイにはそれがなく、安心して30分間楽しめる。

 

トップページへもどる

 

キャロル&チューズデイのネット配信は、Netflix独占!

キャロル&チューズデイは、フジテレビで深夜に放送されている他、ネットではNetflixで独占配信されている。

Netflixは他にも独占アニメが多数あり、例えば「ウルトラマン」「リヴィジョンズ」などを見る事ができる。

 

(c)渡辺信一郎 / ボンズ

-感想、レビュー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.