真の仁王 「隻狼」と「仁王」を比較してみた! 発売日 PS4 グラフィック fps 和風 ブラッドボーン2

更新日:

E3でフロムソフトウェアの新作「隻狼」が発表されました。発売日は、2019年。PS4 / XBOX One / PCでリリースされます。

めっちゃうれしいんですが、同じく和風の高難易度アクションゲームとして発売されて一定の評価を得たコーエーテクモ(チームニンジャ)の「仁王」(2017年発売)や「仁王2」(PS4)、「ゴーストオブ対馬」と、見た目やコンセプトが似ており、どうしても比較されます。

【6/18追記】ファミ通のインタビューで、フロム・ソフトウェアがアーマードコア新作を作っているような発言がありました→ AC新作開発中!アーマードコアの新作キター!!

真の仁王「隻狼」 VS 仁王

(仁王 2017)

・仁王は、明らかにダークソウルシリーズに影響を受けて作られた和風ダークソウルとも言うべきアクションゲーム
・コーエーテクモのチームニンジャが開発し、2017年2月に発売された
・仁王は、200万本売り上げた
・新規IP(完全なシリーズ新作)で、200万本も売れるのは異例。しかもほぼPS4独占(Xboxで出していない)

・アップデートも毎月のように行われた(開発の本気度が高い)
・DLCの出来も良かった
・続編の「仁王2」が、PS4で発売される

同じ和風アクションで勝負したフロムソフトウェア

・公開された「隻狼」の動画を見る限りでは、仁王をプレイした人なら「なんか見た事あるな」というシーンが多い(鬼、甲冑、和風建築、お城など。仁王で全部やり尽くしてる)
・もちろんダークソウルシリーズはフロムソフトウェアが本家なので、「隻狼」の方が期待できるが、仁王もアクションゲームとして最高クラスの出来だった

グラフィック比較

隻狼 2019 / フロムソフトウェア

フレームレート=30fps?

仁王 2017 / チームニンジャ

フレームレート=60fps

グラフィックは、仁王の圧勝。比較にもならん。フロムもうちょっとがんばれよw

仁王は60fpsだったよ?(ハードル上げ)

仁王2 PS4

ゴーストオブツシマ

ブラッドボーン2は?

・ブラッドボーンの続編「ブラッドボーン2」は、新作発表会などで常にウワサされるほど期待度が高い
・盾を構えてジリジリ進むダークソウルと違って、盾を持たず攻撃されたら攻撃し返すと回復するというゲームシステム(リゲイン)は、スピーディな戦闘を実現していた

・世界観もすばらしく西洋建築のゴシックホラーを舞台にしており、他のゲームでは見られない、他のゲーム会社では作れないような独特な世界観を再現できていた

・なぜブラッドボーン2ではなく、「仁王2」や「ゴーストオブ対馬」とかぶる「隻狼」なのか
・ほとんどのゲーマー、フロムファンは、隻狼ではなくブラッドボーン2が欲しかったはずだ

・隻狼はパット見で分かる荒いPS3レベルのグラフィック面を強化して、出すなら「仁王」とグラを比較されてもやれるくらいには作り込んで欲しい

 

トップページへもどる

 

(c)フロムソフトウェア / コーエーテクモ / チームニンジャ

-隻狼
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2018 All Rights Reserved.