PS4 / スイッチ マルチ展開はコンテンツをダメにする クロスプレイ プラットフォーム

投稿日:

PSクラシックの収録作品「IQ」のデザイナー佐藤雅彦氏のインタビューがPSブログに掲載されている。そこでプラットフォーム(ゲーム機)の選択について言及があった。

「IQ」を、プラットフォームを問わずに遊べるようになってほしいと思いますか?

佐藤雅彦:
 それが難しいところなんです。例えば『ピタゴラスイッチ』はNHK教育テレビで放送しています。あれを民放で放送するとなると、なにか違和感を覚えますよね。プラットフォームにも世界観があります。そこを離れるのは、コンテンツにとっても良くない事だと思うのです。

 『I.Q』も同じです。ほかのプラットフォームに移植されるのは、僕としては何か不安です。プラットフォームとコンテンツは、一緒に生きていくものです。だからこそ、「プレイステーション」には未来永劫元気でいてほしいですね。

https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7897/20181130-psclassic-iq.html

佐藤雅彦氏は、CMデザイナーとして活躍しており、ピタゴラスイッチやだんご三兄弟などを生み出した。

PS4 / スイッチ マルチ展開はコンテンツをダメにする

最近PS4 / スイッチマルチ展開が増えている。しかしユーザーは、この売り方をまったく評価していない。むしろ逆だ。

メーカー側からすれば、PS4(ソニー)とスイッチ(任天堂)の両方のハードで売れると考えていえるかもしれないが、この2つのユーザー層は全く異なっている。

異なるユーザー層に売れるなら良いと思うかもしれないが、どのユーザー層に向けて開発しているのか曖昧になってしまう。

PS4ユーザーからすると、スイッチを入れると性能面で足を引っ張られる、スイッチに移植するために開発が遅れると考えている。

しかし両方のハードで売れるから良いやと安易な考えで、PS4 / スイッチのマルチ展開を選ぶメーカーが後を絶たない。

プラットフォーム(ゲーム機)にも世界観(カラー)がある

佐藤雅彦:
 それが難しいところなんです。例えば『ピタゴラスイッチ』はNHK教育テレビで放送しています。あれを民放で放送するとなると、なにか違和感を覚えますよね。プラットフォームにも世界観があります。そこを離れるのは、コンテンツにとっても良くないことだと思うのです。

ピタゴラスイッチを民放で放送すると違和感を覚える。という表現はズバリその通りであり、例えばPS4でマリオがでる、ソニックがでるとすれば話題になるだろうが、PS4のイメージには合わない。

逆にスイッチで、仁王やダークソウル、ベヨネッタをだしても話題になるだろうが、ユーザー層がマッチしていない。任天堂のゲーム機の"家族向け"のイメージに合っていない。

ゲーム機(プラットフォーム)には、それまで発売されてきたゲームソフトの歴史があり、それを買い支えてきた根強いファンコミュニティがある。それを安易に、別のゲーム機に移動するというのは、コンテンツを潰す事に他ならない。

ゲーム機とソフト(IP)は、一緒に育つもの

佐藤雅彦:
 『I.Q』も同じです。ほかのプラットフォームに移植されるのは、僕としては何か不安です。プラットフォームとコンテンツは、一緒に生きていくものです。

例えば、オトメイトがPS Vitaは終わったなどと言い、スイッチに移籍すると発表した。その結果、売上が激減した。

国内の大手メーカーがPS4のタイトルをスイッチに移植するのが流行っているが、1万本以上売れたゲームは片手で数えるくらいしかしない。そこに本当に市場はあるのだろうか。

あるわけがない。いくらスイッチでゲームを出そうとも、買うユーザー(客)がいないのだ。

スマブラやポケモンを買うユーザー(ファミリー層、ライトユーザー)が、「龍が如く」や「閃の軌跡」を買いますか。グランツーリスモSPORTをプレイしたユーザーがニンテンドーラボ(ドライブキット)を買いますか。

 

トップページへもどる

 

(c)ソニー・インタラクティブエンターテインメント

-その他のゲーム攻略、コラム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2018 All Rights Reserved.