アクアスタイル代表「PS外して、スイッチに優先誘導していく」 セール Play,Doujin SIE支援 同人ゲーム

投稿日:

ゲーム開発会社「アクアスタイル」が、自社タイトルのウインターセールで"わざとPSを外した”と話題になっている。

ふし幻TODRのウインターセールですが、プレイステーションのみ手続きをしてなかったため今回のセール対象外となります。楽しみにしていただいたかには申し訳ありません。今回はスチーム(PC)とニンテンドースイッチのみセールとなります。

アクアスタイル代表JUNYA氏のツイート

やっちまったと落ち込むけど、切り替えてスチームとニンテンドースイッチに優先誘導していこう

その後、まとめサイトなどに取り上げられて炎上する↓

【悲報】『不思議の幻想郷 TODR』のウインターセール開始 → AQUASTYLE「PS版のみ手続きしてなかったのでセール対象外です」(はちま起稿)

あわてて、言い訳しだすアクアスタイル代表JUNYA氏↓

アクアスタイルのこれまでの発言まとめ

実は、このアクアスタイルという会社。以前にも、PS憎し発言で話題となっていた。

PS版よりスイッチ版の方が、23倍売れてる発言

実際は、スイッチでも全然売れてないと売り上げランキングで判明。つまり上記の発言はウソだった。

任天堂の買取保証なんてない!ソニーのクロスセーブがー

JUNYA氏(アクアスタイル代表):
「任天堂の買取保証について?はっきり言ってやる!そんなもんないからね!

なんでそういう話になるのかわかんないけど欠片も俺は聞いたことないし、恩恵を受けた奴見たこともねーよ!」

「ゴールデンウィーク中にすごい売れたんだよスイッチの方が!有り難い事に」

「(スイッチ版は、)多分PS4とPS vitaのDL数とほぼ並んでるぐらいまで売れたんじゃないかな」

http://blog.livedoor.jp/toshiboking/archives/32703457.html

上の発言についても、任天堂の買取保証についてNISA社長の具体的なインタビューが公開されており、この発言もウソだった。

アクアスタイルは、SIEの支援を受けていた

Play,Doujinとは、ソニーコンピューターエンターテインメント(現SIE)が始めたプロジェクトで、PCゲームでしか遊べなかった同人ゲームを、PS4やPSVitaに遊べるよう移植する事を目的としている。その際、SIE(ソニー)から、技術的、金銭的な支援が行われている。

アクアスタイルもこの「Play,Doujin」プロジェクトで支援を受けて商業ゲームを開発している同人ゲーム開発会社の一つ。

つまり、今アクアスタイルがやっている「ソニー叩き、任天堂上げ」は、恩を仇で返している事になる。

アクアスタイル見苦しい

アクアスタイルの代表JUNYA氏は、そんなにPS4(ソニー)が嫌いで、任天堂が好きなら、(買取保証の時みたいに)ハッキリそう言ったらどうか。

こそこそPS4で商売をして、裏では「スイッチ版の方が売れてます!」とか「PS版のみセールはやりません!」とか、姑息過ぎる。人間としてダサい。

だいたい商業展開する時に、ソニーから支援を受けておいて、よくセールでソニーのPS4のみセールから外すなんて事ができるなと。

別にPS4で出さなくていいから、今すぐPSハード撤退して、スイッチ1本に切り替える事をおすすめする。その方が、ユーザーにとってもアクアプラスにとってもプラスとなる。

 

アクアスタイルの開発したゲーム↓(Play,Doujin[SIE]が支援してPS Vita、PS4で発売)

トップページへもどる

 

(c)アクアスタイル / Play,Doujin

-コラム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.