東映 ピエール瀧出演映画を公開「作品と個人の犯罪は別。作品に罪はない」「スタッフが総力をかけて制作した作品をボツにしていいのか」

投稿日:

東映 ピエール瀧出演映画を公開「作品と個人の犯罪は別。作品に罪はない」

 東映は20日、麻薬取締法違反容疑で逮捕された俳優のピエール瀧氏(51)が出演している映画「麻雀放浪記2020」について、当初の予定通り4月5日から劇場公開すると発表した。場面のカット、再編集はせず、本編開始前にテロップ(字幕)でピエール瀧氏が出演していることを明示し、劇場に掲出するポスターに同様の文言を掲載するという。

 東映の多田憲之社長は「スタッフや出演者が総力をかけたものをボツにしていいのかという思いがあった。株式会社としてのコンプライアンスも考えたが、映画会社としての責任についても議論し、皆さんに説得しようという結論になった」と話した。

 白石和彌監督は「薬物犯罪を許してはいけないが、作品と個人の犯罪は別ではないかという考えもあり、今は公開できることにほっとしているのが正直なところ」と思いを述べた。

https://mainichi.jp/articles/20190320/k00/00m/040/058000c (毎日新聞)

すばらしい判断。東映GJ!

セガの社長にこのセリフを言ってほしかった。ソニーにこれを言ってほしかったな!

「スタッフや出演者が総力をかけて制作した作品をボツにしていいのか」「作品と個人の犯罪は別」完全に正論だ。

日本って一度レールから外れると、二度と復帰できない。犯罪でも起こそうものなら、鬼の首を取ったように、泣きながら許しをこうても、棒で叩き続ける。

例えば、酒井法子の時もそうだった。ノリピーノリピー言ってたくせに、薬物でつかまった途端、親の仇とでも言わんばかりに叩き出した。かわいそうに酒井法子は誰も頼る事ができず、釈放後は、暴力団にかくまってもらっていた。そうするしかなかったのだ。

小向美奈子も同じだ。2008年に彼女が「グラビアアイドルは枕営業をしている」と暴露した。それからは悲惨なものだった。徹底的に攻撃され、悪い連中にそそのかされて麻薬に手を染めた。釈放後は、ストリップ→AVと転落の人生をたどっている。明らかに「潰された」のだが、誰一人として彼女を助けようとしない。むしろ楽しんでいるフシさえある。

飯島愛もそうだった。歯に衣着せぬ発言で人気を得ていた彼女は、テレビで韓国びいきの現状を批判した。その後、仕事から干され、彼女は不審死した。しかし誰もその事についておかしいと言わない。

ピエール瀧氏の件だって同じだ。足並みが揃いすぎてると思わないのか。君たちはバカなのか?

 

(c)東映

-最新ニュース

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.