ゲーム史上、最も嫌われたキャラクタートップ5 ウザい 性格が悪い 胸糞 悪女 鬼畜 受付嬢 ヒスゴリラ ユンナ ロゼ マックス

更新日:

ゲーム史上、最もウザい、性格が悪い、胸糞キャラクタートップ5を紹介します。

ゲーム史上、最も嫌われたキャラクタートップ5

受付嬢(モンスターハンターワールド 2018/PS4)

モンスターハンターワールドの受付嬢は、プレイヤーの評判がすこぶる悪い。

ムカつく顔、主人公を「相棒」と呼ぶくせに何もしない、常にミッションについてきてウザい、戦闘中は後ろから応援するだけ、ミッションをクリアすると「私たちの成果ね♪」などと恩着せがましく、嫌われる要素しかない。

ヒスゴリラ・グラディオラス (FF15 2017年/PS4、XBOX One)

FF15のグラディオは、見た目は「身体が大きく頼れる兄貴キャラ」だが、中身は「口が悪く、すぐキレて女みたいにネチネチイヤミを言ってくるウザキャラ」だった。

主人公に向かって「お前何様だよ」とキレたり、ヒロインがしんだ時も「切り替えらんねえのか!あ!」などとキレていた。「イグニスはなんのために傷を負った?この大バカやろう!」などと、さらに追い打ちをかけた。父親がしんだ時も、特に気にしていなかった。

女性関係が派手で、複数の女性とつきあっている。パーティから離脱してる時は、女遊びをしている。

ファミ通の人気投票では、10人中9位だった。10位はゲンティアナ。プレイヤーに嫌われている事が分かる。

ユンナ (ブレスオブファイア4~うつろわざるもの~ 2000年/PS1)

ブレスオブファイア4は胸糞シナリオで有名で、その原因が「ユンナ」だ。ユンナは帝国軍の科学者で、人体実験が趣味。味方の帝国兵にすら気味悪がられている。

ユンナは"呪いで百年以上人が住めない生き地獄を発生させる"「呪砲」を研究していた。実際に1度使用している。

呪砲は、"生きた人間が弾として"発射される。発射される人間は呪いを生み出すために、拷問して苦痛を与えられた。

できるだけ拷問した方が威力が増すので、弾丸となる人間をわざと殺さずに拷問を続ける研究をしていた。

ユンナは、ニーナの姉のエリーナ王女を誘拐した。ブレスオブファイア4の冒険の目的はこのエリーナ王女を見つける事だった。

しかしエリーナは人体実験により、下半身から内蔵が飛び出し、みにくい化物と化していた。拷問しても死なないように改造したのだという。エリーナは恋人クレイに自分を殺してくれと懇願する。

さらにユンナは、ブレスオブファイア4のもう一人の主人公フォウルを、村にかくまっていた戦災孤児の少女マミを誘拐した。フォウルを殺すために「呪砲」の弾として使うのだという。

マミは、すさまじい拷問を受けて苦しみぬいて殺された。

ユンナは、ブレスオブファイア4の黒幕であり、当然主人公たちにたおされるかと思いきや、ゲーム中でユンナと戦うシーンは無かった。それどころかユンナは何のおとがめもなしで、生き残った。

ロゼ (テイルズオブゼスティリア 2015年/PS3)

あれ?あたしなんか変なこと言った?

ずっと仲間だと思ってたのに!なぜそんなヒドイことばかり言うの!ロゼ!

私は!私はずっと・・・(グーパン)

次は泣くんだ?女の子(笑)

テイルズオブゼスティリアは、発表当時アリーシャ(上の画像で殴られてたおれている女の子)がヒロインだとされていた。しかしゲームが発売されるとなぜか「ロゼ」がメインヒロイン扱いで、主人公よりも目立っていた。

それだけなら良かったのだが、この「ロゼ」というキャラクターが性悪で、平気で人を殺し、反省しない、それどころか「悪は殺す」→「あたしなんか変なこと言った?」(1枚目の画像)などと開き直ってみせた。

話はまだ終わらず、今度はDLCで、アリーシャをいじめるイベントが追加された(上の画像)。

ロゼが優遇されたのは、ロゼの声優、小松未可子氏が馬場英雄プロデューサーのお気に入りだったからとする説がある。

この問題は当時炎上し、馬場英雄プロデューサーは次作のベルセリアをもって降板し、バンダイナムコをやめる結果となった。

テイルズオブゼスティリア炎上騒動まとめ

主人公マックス (ルートレター)

ルートレターは知る人ぞ知るクソゲーで、キャラデザにラブプラスの箕星太朗氏を起用し、声優も日高のり子、皆口裕子、井上喜久子などベテラン勢をそろえたが、致命的にストーリーがクソだった。

主人公マックスの性格は一言で言うとヤクザである。

初対面の女性に向かって「ビッチなんだろ?」女性が怒ると「なんで怒るんだろう?」

初対面の人間にあだ名をつけて、サル、チビ、ガリ、デブなどと呼ぶ。

主人公のマックスは、文野亜弥に会うために彼女の友人に会い、彼らを脅迫しながら情報を集める。

文野亜弥の友人たちは、主人公の事を「最低のクズ」と呼んだ。

ヒロインの文野亜弥は、電波系のヤバイ女性だった。彼女も手紙で友人の事を「チビ」や「デブ」だと言っていた。

どう見てもクソゲーで、主人公も最低のクズで、全然売れなかったのだが、なぜか実写版の「ルートレター・ラストアンサー」が発売された(上の画像4枚目)。

ルートレター2の製作も決定しているという。この作品の存在そのものがサスペンスだ。

 

ゲーム史上、最も嫌われてるキャラクターは?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

トップページへもどる

 

(c)カプコン / スクエニ / バンナム / カドカワ

-コラム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.