ブラッククローバー カルテットナイツ が売上4630本で失敗した理由 イリンクス クソゲー eスポーツ

更新日:

ガンダムブレイカー3 を開発した会社「イリンクス」の新作ゲーム「ブラッククローバー カルテットナイツ」が初週売上4630本でひっそりと爆死していた。

イリンクスを外してクラフト&マイスターが開発した「New ガンダムブレイカー」は不評の嵐で、公式ツイッターを見ると自動botにしか見えず、やる気が感じられない。

なんでこうなった。なんか悲しくなってきた・・・。

ブラッククローバー カルテットナイツ が失敗した理由

4Gamer 2018年9/19の家庭用ゲームソフト初週売上ランキングより

2018年9/13に発売された「ブラッククローバー カルテットナイツ」は15位で売上本数は、4630本だった。

おおぅって感じ。開発費回収できてないでしょこれ。

ブラッククローバー カルテットナイツはこんなゲーム

ブラッククローバー カルテットナイツ は、4人対4人の対戦ゲーム。TPSアクション。操作性は良く、技の演出などもキャラゲーにしては良い方だった。ゲーム単体としての出来は決して悪くない。対戦ゲームなので人を選ぶ。

ブラッククローバー カルテットナイツをプレイした感想、レビュー

開発したゲーム会社「イリンクス」とは

イリンクスは、ガンダムブレイカー3 をクラフト&マイスターと開発しており、Newガンダムブレイカーが失敗したのは、「イリンクス」を開発から外したせいだと言われている。

ただし内部の話なので実際のところ、どちらが主導権をもって開発していたのか(リード開発はどっちだったのか)、Newガンブレが失敗した理由は、関係者にしか分からない。

ブラッククローバー カルテットナイツ が失敗した理由

eスポーツ()で迷走するバンナム

・キャラゲーと対戦アクションは、水と油
>キャラゲーを買うオタク層は、人との争いを好まない。作品の世界観にひたるためにシングルプレイ(ストーリーモード)を好む。もしくはモンハン型の協力プレイ(PvE)を好む
・バンダイナムコは、最近対戦ゲームを量産している
>eスポーツ()の影響
>最近だけで、バトオペ2、ヒロアカ、シノビストライカー、ブラッククローバー、ドラゴンボールファイターズ(スイッチ版)と、毎月2本ペースで乱発している。全部オンライン対戦ゲーム

・8/30にシノビストライカーをだして、9/13に同じキャラゲーの対戦ゲーム「ブラッククローバー カルテットナイツ」を発売している
・この手のオンライン対戦ゲームを買うのは、PS4の中でも一部のゲーマー層で、買ってるのは同じユーザー層の可能性が高い
単純にあきられてる

素材が悪い

・ハッキリ言おう。ブラッククローバーなんて作品を私は知らなかった。ゲームをプレイするにあたり原作を読んでみたが、ちっともおもしろいと思わなかった。最近のジャンプつまんねえなと
・同様に6/14に発売して初週1.1万本で爆死した「グランクレスト戦記」も、原作の知名度が致命的に低く、それが売上にもひびいた

グランクレスト戦記をプレイした感想、レビュー

キャラゲー自体が逆風

・しかし8/30に発売された「ナルト シノビストライカー」の売上、初週1万本を考えると、ナルトほどの知名度を持ってしても、売上回復にはつながらない事が分かる
・逆に8/23に発売された「コナンアウトキャスト」は、海外から1年おくれで発売されて、海外では低評価だったにも関わらず、日本では売上6万本を突破している
・いわゆる3流洋ゲーが、ナルトより売れる逆転現象が起きている

宣伝不足

・グランクレスト戦記は、宣伝がほとんどと言っていいほどされてなかった
PSストアで予約すらできなかった
・これで売れるはずがない

・もちろんバンナム側でも、事前のパッケージ版の予約状況を見て早々に見切ったのだろうが、それにしても宣伝が足りていない

キャラゲー「スパイダーマン」は、売上20万本を突破している

・9/7に発売されたPS4 スパイダーマンは、アメコミの人気キャラクター「スパイダーマン」を題材にした、広義で言えば「キャラゲー」である
・スパイダーマンは、絶賛の嵐で確かにおもしろい。移動するだけで楽しいゲームなんて久々だった
・スパイダーマンに、オンライン対戦要素はない。ネットにつながなくても最後まで遊べる

・PS4 スパイダーマンを発売前から見ていたが、発売前の2chのPS4スパイダーマンのスレは、信じられないだろうがカソっており、ほとんど書き込みはなかった
・スパイダーマンが発売されてプレイ動画がYOUTUBEやツイッターなどで拡散されて、普段ゲームをしない多くのライトユーザーが集まってきた

仮面ライダーで「スパイダーマン」のようなアクションゲームを作れば売れるのでは?

・アメコミのヒーロー「スパイダーマン」が絶賛される中、日本にもヒーローと呼ばれるキャラクターがゴロゴロいる
・バンナムはその版権を持っている
・仮面ライダーで、PS4スパイダーマンのようなゲームを作れば売れるのでは?

・ファンが望んでいるのは、低品質なキャラゲーではなく自分が(操作がかんたんでだれでも)ヒーローになれる本格的なキャラゲーだ

結局、良質なコンテンツをつくる事が一番重要

・面白いゲームは、ユーザーが放っておかない。コナンもアークも口コミでジワ売れしている。古くはデモンズソウルも数年かけて口コミで話題がふっとうした。発売当時は私もちょっとさわって「なにこの不親切なゲーム」と思ってスルーしたくらいw

・eスポーツ()とかしょーもない事はやめて、ちゃんとユーザーの方を見て、ユーザー目線で考えると、オンライン対戦ゲームがベストなはずがない
・低予算、短い開発期間、経験の浅いプロデュサーを使って、弱小デベロッパーにてきとうに仕事を回すのはやめて、しっかり長期的な経営ビジョンを持って、乱発するのでなく1本1本を大事にして欲しい

 

トップページへもどる

 

(c)クラフト&マイスター / バンダイナムコエンターテインメント

-その他のゲーム攻略、コラム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2018 All Rights Reserved.