CALL OF DUTY WW2

CoD WW2 攻略 おすすめアタッチメントまとめ ラピッドファイア クイックドロー サイト コールオブデューティ ワールドウォー2

更新日:

コールオブデューティ ワールドウォー2のすべてのアタッチメントのくわしい効果、おすすめアタッチメント、レンズサイトとリフレックスサイト、4Xサイトの比較などを、画像つきで分かりやすく紹介します。

CoD WW2 攻略 おすすめアタッチメントまとめ

・CoD:WW2では、メイン武器にアタッチメントを装備してパワーアップできる
・アタッチメントは初期状態では、2つまで装備できる
・武器によって、装備できるアタッチメントが変わる

・歩兵師団は、アタッチメント+1の師団スキルを持つ
・基礎トレーニング「プライム」は、アタッチメント+1の効果を持つ
・歩兵師団+プライムで、アタッチメントを4つ装備できるようになる

アタッチメント 解説
クイックドロー ・L2で構えた時のスピードが上がる
・前作では、約30%早くなっていた
グリップ ・銃で撃った時のはね上がりを軽減する
>銃は連射すると、その衝撃で銃口が上にあがっていく
・前作では、効果は約7%
・反動が少ない銃が多く、効果も低いのであまり出番はない
ステディエイム ・腰撃ち(L2でねらわないで撃つ)時の、命中率が上がる
・接近戦で構えるヒマがない時などに有利となる
・サブマシンガンやショットガンなど、構えて撃たない銃と相性が良い
ラピッドファイア ・武器の連射速度が約6%アップ(前作の数値)
・連射速度が早いほど、相手に多くのダメージを与えられる
・連射力が上がると、銃のブレも増加する
>指切り*2である程度は対応可能
拡張マガジン ・武器のマガジン数と装弾数が大幅にアップする
・アサルトライフルで50%アップ、LMGで約2倍と効果が大きい
レンズサイト ・つけない方が良い
リフレックスサイト ・かまえた時のサイトが見やすいものに変更される
・銃によってはかまえた時に見づらいものがあるので、交換すると良い
4Xサイト ・かまえた時のサイトが、4倍率のスコープに変更される
・4倍率はそれほど高倍率ではないので、中距離でねらうのにちょうど良い
・中距離戦になりやすいマップで重宝する
アドバンスライフル ・武器の射程が伸びる
大口径 ・ヘッドショット時のダメージアップ
・例えば、BARならヘッドショットで2発でたおせる
・アサルトライフルと相性が良い
>ARは、上方向に反動がいくため、ヘッドショットになりやすい
FMJ ・偵察機などのスコアストリークに対してダメージアップ

*1:ADSとは、銃をかまえて照準を合わせながら撃つこと
*2:指切りとは、ボタンをちょんちょんと細かく押して、数発ずつ分けて撃つテクニック。銃を撃つ時の1発目の弾は、反動がないため、連射するのではなく、細かく数回に分けて撃つことで、銃を撃つ時の反動をおさえる効果がある

おすすめアタッチメント

ラピッドファイア:たんじゅんにダメージが上がるので強い。武器によっては効果があまりない場合もある

拡張マガジン:ものすごく効果がある。初期アサルトライフル「M1941」につければ劇的に使いやすくなるし、ライトマシンガンにつければ、弾数が約2倍になる。着けた方が良い

クイックドロー:かまえた時のスピードが上がると、エイム速度が上がり、敵を早くたおせるようになる

大口径:ヘッドショットの弾のみダメージが上がる。正確にエイムをできる人しか効果がなさそうに見えるが、アサルトライフルは撃つと、上方向に銃の反動がいくため、上半身をねらって撃つと、意外とヘッドショットになりやすい。つけてる人が多い

4Xサイト:中距離戦で絶大な効果を発揮する

レンズサイト、リフレックスサイト、4Xサイト比較

・何も着けていない状態、レンズサイト、リフレックスサイト、4Xサイトのスコープを比較した
・場所は、グスタフキャノン。歩兵師団、武器はSTG44

何も着けていない状態

 STG44の初期状態は、非常にねらいにくい。

レンズサイト

 つけない方が良い。びみょ~

リフレックスサイト

 スコープのレンズが大きいので、とても見やすい。

4Xサイト

 他のサイトと同じ場所、同じ条件で撮影している。4倍率になった。ねらう時に、スコープだけではなく、画面全体が拡大しているので、とても見やすい。中距離戦などでは、明らかに命中率が上がる。一番おすすめ!

 

トップページへもどる

 

(c)スレッジハンマー / アクティヴィジョン / コールオブデューティ・ワールドウォー2

-CALL OF DUTY WW2
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2017 All Rights Reserved.