CALL OF DUTY WW2

コールオブデューティ ワールドウォー2 製品版をプレイした感想、レビュー 評価 CoD WW2 攻略

投稿日:

コールオブデューティ ワールドウォー2の製品版を買ってプレイしたので、マルチプレイとゾンビモードの感想、ボリューム、オフラインで遊べるのかなどを、画像つきで分かりやすく紹介します。

CoD WW2 攻略 コールオブデューティ ワールドウォー2

マルチプレイナチゾンビキャンペーンの大きく分けて3つのモードがある
・3つのモードの1つ1つが作り込まれており、ゲーム3本分のボリュームがある
・さらに、マルチプレイ(オンライン、オフライン)、ナチゾンビ(オンライン、オフライン)と、オンライン対戦が苦手な人でも、オンラインの要素を、オフライン(1人プレイ)でほぼプレイする事ができる

・マルチプレイとナチゾンビモードがおもしろい
・マルチプレイとナチゾンビモードは、1人プレイ(オフライン)でもプレイ可能
・1人プレイのマルチプレイでは、CPUを味方や敵に自由に配置して、マップやルールを実際のマルチプレイと同じように細かく設定できる
>マルチプレイ(オンライン対戦)の練習や、オンライン対人戦が苦手な人でも、CPU相手にプレイできるので、FPS初心者にも優しい

・ナチゾンビモードは、1人プレイや、オンラインで他のプレイヤーと協力してプレイする事ができる
>オンラインでやれば、難しいステージでも上手い人と協力してプレイできる

・マルチプレイのWARミッションがおもしろい
>対空砲破壊→拠点の占拠→橋の設置→弾薬庫の破壊など、ミッション目標がストーリーに沿って変化していく
>攻撃側、防衛側で戦う
>ミッション目標が変化するので、何十分も同じルールをやり続けるより、メリハリがあって楽しめる

・キャンペーンはクソ

 コールオブデューティ・ワールドウォー2は、FPS対戦ツールとして非常に出来が良いと感じた。特にマルチプレイやナチゾンビ(ゾンビモード)を、オフラインで1人でCPU相手に練習できるので、FPS初心者やオンライン対戦が苦手だけどFPSが好きというプレイヤーにも自信を持っておすすめできる。

 オフラインのマルチプレイでは、実際のオンライン対戦と同じように細かくルールやマップ、CPUの強さを設定でき、敵味方合わせて最大18人でCPU対戦が可能だ。ナチゾンビモードも、1人プレイの時と、オンラインで協力プレイする時では、おどろくほどプレイ内容が変わる。1粒で2度おいしいとはまさにこの事である。

マルチプレイ(オンライン対戦)

 今回のコールオブデューティでは、マルチプレイ(オンライン対戦)を選ぶと、最大35人が集まる、モンハンで言う集会所のような場所から始まる。ここで実際にキャラクターを動かして、毎日の報酬やクエストを受注したり、他のプレイヤーと"なれあい"などが楽しめる。

 新たに追加された新マップモード「WARミッション」では、対空砲破壊→拠点の占拠→橋の設置→弾薬庫の破壊など、ステージ目標が刻々と変化するので、同じルールで何十分も戦い続けるのにあきたプレイヤーにおすすめだ。作戦目標は、画面左上に表示され、目印アイコンもでるので、次に何をすれば良いのか分かりやすい。

マルチプレイ(オフライン、1人プレイ)

 へたくそでオンライン対戦ではスコアストリーク*1が使えないプレイヤーでも、CPU相手なら強さや人数を自由に設定できるので、無双してスコアストリークを使いまくる事も可能だ。

*1:スコアストリークとは、敵をたおすなど一定ポイント稼ぐことで使える強力な技

ナチゾンビモード(オンライン協力プレイ)

 遊びすぎに注意!!味方プレイヤーが優秀だと、しんでもすぐに復活してくれるので、初心者でもゾンビモードを長時間プレイする事ができる。試しにやってみたところ、2時間ずっとプレイしていた(なかなか全滅しなかった)。

 上の画像では、優秀な味方が、弱いプレイヤーのためにお金を分けてくれている。ゾンビモードのしかけは、場所が分かりにくい事が多いが、協力プレイなら他のプレイヤーについていけば、どこに行けばいいか分かるようになる。協力プレイが好きな人におすすめだ。

ナチゾンビモード(オフライン、1人プレイ)

 協力プレイで武器や装置がどこにあるか、上手いプレイヤーについて行きおぼえたら、1人プレイに活かす事ができる。オンラインとオフラインが相互に補完し合ってるのが素晴らしいと感じた。

 

トップページへもどる

 

(c)スレッジハンマー / アクティヴィジョン / コールオブデューティ・ワールドウォー2

-CALL OF DUTY WW2
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2017 All Rights Reserved.