スマホ版「オートチェス」をプレイした評価、レビュー 感想 評判 中国開発 Dota2 遊戯王 カプセルモンスター

投稿日:

2019年6/6に配信されたスマホゲーム「オートチェス」をプレイした。

まずグラフィックに圧倒された。スマホゲーとは思えない。

操作も快適で、制限時間は短いが、サクサクプレイできる。

マッチング時間も短く、ロード時間ほぼ0秒で、どんどん他のプレイヤーと対戦していく。

タイトルに「チェス」とついていたので、チェスのルールと関係あるかと思っていたが、まったく関係なかった。

モンスターを盤上に召喚して戦う、遊戯王の「カプセルモンスター」のルールにそっくりで、親しみやすいゲームだった。

スマホ版「オートチェス」をプレイした感想、レビュー

オートチェスは元々PC(Steam)で「Dota オートチェス」というタイトルで配信されていたゲーム。

開発は中国Drodoスタジオで、スタッフ数はたった5人で制作したとの事。

ゲームは日本のお家芸だと思っていたが、「オートチェス」「アカツキランド」「最後の希望」の出来の良さを見ると、もうゲーム開発の技術力も中国に追い越されてるのではと危機感を感じた。

実際日本で、たった5人で「オートチェス」作ってみろと言われて、作れる開発会社はないと思う。そのくらい衝撃的だった。

 

トップページへもどる

 

(c)Drodo Studio

-感想、レビュー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.