【リョナ】DOA6で死体蹴り(のけぞりKO)モーションを見る方法 デッドオアアライブ6 エリオット 負けポーズ カメラ

更新日:

デッドオアアライブ6(以下、DOA6と略)は、死体蹴りができなくなった。しかし熱心なユーザーによって、死体蹴り(のけぞりKO)モーションを見る方法が発見された。

死体蹴りとは

主に格闘ゲームで対戦終了後に、相手を攻撃してあおる行為。DOA5ではできた。通常「死体蹴り」はきらわれるが、DOAの場合、無抵抗の女性キャラをなぐる(リョナ)目的のプレイヤーの需要があった。専用モーションまであった。DOA6がeスポーツ向けに開発されたあおりで、死体蹴りは削除された。

DOA6で死体蹴り(のけぞりKO)モーションを見る方法

【やり方】
・エリオットを使用する
・相手キャラに死体蹴りしたいキャラクターを選ぶ
・相手のHPが低い状態で、エリオットで→T・Tをだして、後は→T(投げボタン)でHPをけずっていく
・最後に相手がうつ伏せになるように↑PKを当てて、←PK →PPP

つまり相手をうつ伏せ状態にして、←PK →PPPでトドメをさすとのけぞりKOが見れる。

トドメの攻撃のダメージが低く、けっこう難しい。投げだけでけずってたおれてる時に、追い打ちしないとのけぞりKOは発生しない。

負けポーズを見る方法

勝ちポーズ中に「R1ボタン」を押すと、負けたキャラクターを見る事ができる。

△ボタンを押しながら左スティックでズームイン、アウト(拡大、縮小)。

左スティックで、カメラを動かす事もできる。

リプレイ保存してシアターモードでじっくり鑑賞しよう。これで水着コスがくるまで、なんとか辛抱できるかな?

 

デッドオアアライブ6 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【編集後記】
のけぞりKOが見つかったくらいでこれだけ(一部の)ユーザーが喜ぶんだから、明らかにDOA6は方向性をまちがった。マリーローズやほのかが顔パンできないのも意味わかんねーし、eスポーツ()のせいで改悪し過ぎ。喜んでるのほとんどいないガチ勢だけじゃん。Newガンブレもeスポーツ()とか言って改悪してたっけ。まさか玉入れゲームになるとはwミサが恋しい。

 

(c)チームニンジャ / コーエーテクモ

-デッドオアアライブ6
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.