DOA6 コスチュームの設計図が鬼畜過ぎると炎上するwww ランダム 10倍 デッドオアアライブ6 クソゲー

更新日:

デッドオアアライブ6(以下、DOA6と略)は、キャラクターのコスチュームを解放するのに「設計図」を集める必要がある。

例えば、上の画像の女天狗のコスチュームを解放するには、設計図が1000枚必要になる。コスチュームごとに、設計図200~1000枚要求される。

コスチュームの設計図を獲得しました!
コスチュームの設計図の数 2 (2/750)

設計図は、アーケードモードやオンライン対戦を1戦クリアすると、「ランダム」で2枚もらえる。

例えば、こころでランクマッチを1戦プレイすると、「ランダム」であやねのコスチューム07の設計図が2枚手に入った。あと748枚集める必要がある。

ランダムなので、好きなキャラや欲しいコスチュームの「設計図」は手に入らない。

DOA6 コスチュームの設計図が鬼畜過ぎると炎上するwww

実は、DOAX3(エロバレー)も似たようなシステムだった。

女性キャラクターのコスチュームを手に入れるために、「のんびりする」を連打して、何回も全クリして、やっと手に入れた水着を渡すと女性キャラが「受け取り拒否」(上の動画)するという、とんでもないクソゲーだった。

開発したプロデューサーの早矢仕洋介氏は、「鬼畜メガネ」と呼ばれ、発売後のニコニコの公式生放送ではファンの不満が爆発し、早矢仕洋介氏は真顔になっていた(下の画像)。

しかし実は、DOAX3のディレクターは、DOA6と同じ"新堀洋平"氏なのである。

なるほどと思った。この一見いやがらせにしか見えないアンロックシステムの主犯は、新堀洋平氏であり、新堀氏がDOA6を作ったのなら、「設計図」システムも納得がいく。

あのDOAX3のディレクターならやりかねない。

当時、早矢仕洋介氏は公式生放送でDOAについて話せないほど追い詰められていた。なのに、なぜまた同じ過ちをくり返すのか。「設計図」システムが炎上するのは分かってたはず。

コーエーテクモのエロには、必ず作業がついてくる。

体験版以下の製品版

DOA6 は、体験版の方が豪華だった。

体験版では、最初から複数のコスチュームが使えた。「設計図」を集める作業プレイなどなかった。

しかし製品版では、初期コスチュームは1種類しかない。カスミのデフォルトコスチューム(上の画像)すら解放されていない。

設計図を集めるのに、どれくらい時間かかるの?

設計図は、ランクマッチ1戦につき2枚もらえる。今ならキャンペーン中(笑)で、10倍の20枚だ!www

1着につき200~1000枚集める必要がある。さらに「ランダム」なので、好きなキャラクターや欲しいコスチュームの「設計図」が手に入るかは分からない。

正直に言おう。

ランダムなので、1000試合やろうが運が悪ければ、1つもコスチュームは完成しない。

全キャラのコスチュームをコンプリートするには、設計図20万枚必要になる。ランクマッチだと30000時間かかる。1日6時間プレイで5000日、約14年といったところだ。

今なら10倍キャンペーン中なので、ランクマッチを5000回やればコンプリートできる。なあに、かえって免疫力がつく。

オフ勢は、完全に見捨てられた

DOA6 の設計図10倍キャンペーンは、オンライン対戦のランクマッチのみ適用される。

オンライン対戦をしたくない初心者や、オフラインで1人で楽しみたいエンジョイ勢、シコ勢は10分の1ずつしか稼げない。

新堀洋平氏:
 「DOA」は「DOA」です。プレイした人には気づいてもらえたと思いますが、とにかく私を信じてほしいです!

(電撃オンラインのインタビューより)

 

デッドオアアライブ6 あなたの評価は?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

デッドオアアライブ6 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)DOA6 / チームニンジャ / コーエーテクモ

-デッドオアアライブ6
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.