小学館編集「同人誌ってこの程度の冊子が1000円で売れるのか。うちでも薄い本を作って売ろうかな」 水野隆 即売会 カルチャーショック 技術書店

投稿日:

小学館の編集者"水野隆"氏の発言が、炎上している。水野氏は同人誌即売会に行き、「この程度の冊子が、1000円で売れるのか。うちでも薄い本を作って売ろうかな」などと発言した。

水野隆(小学館):
個人経営の書店さんは、同人誌即売会に行ってみるべきです。

「この程度の冊子が、1000円で売れるのか」とカルチャーショックを受けました。

「取引先から送られてくる本だけ売ってたら、もったいなくない?売り場空いてるなら、うちでも薄い本を作って売ろうかな」となるはずです。

この水野氏の発言に批判が殺到↓

この程度とは、なにと比べてどの程度なのでしょうか?

同人誌即売会で配布されている作品は、小学館では取り扱う価値のない作品という事でしょうか?

ずいぶん失礼だと感じます。「この程度」と思われたのなら、同人誌即売会のイベントには、二度と行かれない方がよろしいかと。

「この程度」とはずいぶんと相手を見下した無礼な言い方ですね。本人がそう思ってないと出ない言葉です。つい本音が出てしまったのでしょうね。

自腹で自費出版して、サークル参加費払って、同人誌即売会で売ってみてください。「この程度」なんて言えなくなりますよ。

この程度の発言をするから、小学館はダメなんやろうな。

値段をつけるのは本の発行者の自由です。しかし同人誌の原価をご存知ではない1000円でも赤字の事などよくありますよ。

本の原価だけでなく、同人誌即売会の参加費が売りに行くたびにかかります。交通費、人件費もかかります。そのへんを考えてみましょう。あなたの「この程度」発言は恥ずかしいですよ。

私にとっては本屋で売られている専門書も「その程度の本」です。すでにネットにある情報ばかりで価値がない。

同人誌は、それら本屋の書籍と比べたら「すげー本」もあるんです。

私も、本屋で売られている本に我慢できなくなったから、自分で書いてるんです。

「この程度」とは、どういう意味でしょう?

なぜこんな薄い本のために、人が集まるのか。よく考えてから言ってください。

その薄い本に1000円分、いやそれ以上の価値があるからです。

ほほう…「この程度」ですか。では自費出版で本を売ってみなさい。本の企画、執筆、編集、印刷、販売を自費でやってみなさい。

売れ残った本の在庫管理も追加して!

「この程度の編集者が、本の売上の一部をピンハネしているのか」とカルチャーショックを受けました。

「こんな編集者に中間搾取される本だけ売ってたら、もったいなくない?うちでも薄い本作って売ろうかな」となるはずです。

1000円で売れるのは、ステキな作品の作家に全額いくからです。

大手出版社は、同人誌くらいの情報をベースにさらにボリュームを追加して、値段を上げて売るのが仕事なので。

小学館編集「同人誌ってこの程度の冊子が1000円で売れるのか。うちでも薄い本を作って売ろうかな」

水野隆(小学館):
同人誌即売会に始めて来ましたが、衝撃です。紙の本が売れないとか、書店を守らないととか、寝言を言ってる場合じゃない

感想

大手出版社「小学館」の編集者様が、同人誌を見下しているような発言はよろしくない。

文字を扱う仕事をしてるプロなのに、誤解を与えるような発言だった。

本の価値は消費者が決めるもの。本を売る値段は、作者が決めるものだ。

1000円で高いと思うかはその作品の中身による。

量産化されていないホームメイドの作品は、元々原価がちがう。企業の出版物と同じ基準で比べる事自体がおかしい。

同人誌って昔からあった。その歴史を忘れて同人誌を「この程度の冊子」呼ばわりする小学館の低レベルさに呆れてしまう。

この程度の薄い冊子が売れているのではなく、そういう本を求めているユーザー層がいるという事を理解するべき。

「この程度の冊子」はクリエイターに対する侮辱。本はページ数ではなく、中身が大事。個人と商業雑誌では体力が違う。ページ数を自費出版の本に求めるのはナンセンス。

出版業界に携わる小学館の編集者が、「この程度の認識」な事に驚いた

個人経営の本屋に、同人誌即売会の盛り上がりを伝えようとする「目的」は良いのだが、「言い方」が悪かった。発言を訂正するべき。

 

トップページへもどる

 

(c)小学館

-最新ニュース

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.