どろろ アニメ版 (2019)を見た感想、評価 1話 2話 3話 百鬼丸 打ち切り 理由

投稿日:

どろろ はホラーよりの冒険活劇である。作風としては、ベルセルクに近い。

目、耳、両手足など体の48の部分がないまま、いも虫のような状態で生まれた"百鬼丸"は、自分の体を取り戻すために48匹の魔物をたおす旅にでる。

旅は過酷で、おどろおどろしい化物が多数登場する。百鬼丸は村人を助けるために奔走するが、どこに行っても厄介者扱いされ、唯一の理解者である少年"どろろ"とあてもなく放浪する。

あらすじだけでもくらーい感じだが、実際原作のマンガ版も、1969年に放送された旧アニメ版も、どちらも暗い内容だった。

どろろ アニメ版を見た感想

どろろ は暗い

アニメ(2019年)

アニメ(1969年)

マンガ(1967年)

どろろは上のような化物が多数登場する。この化け物たちをたおす事が、百鬼丸の目的となっている。

この化け物たち、手塚作品とは思えないほどインパクトが強く、子供が見たら泣き出しそうである。ベルセルクに登場する魔物だと言われても違和感はない。

誰にも理解されない百鬼丸とどろろ、それをつけ狙う魔物たち。ストーリーはハッキリ言って暗い。明るい要素はない。美少女ヒロインもいない。

別にネガキャンするつもりはない。むしろこの難しい作品を、2019年の現代にどうやってアニメ化するのか、とても楽しみだ。

化物、魔物、妖怪?

どろろに登場する化物は、原作では、妖怪、魔物、死神、化物と呼び方がコロコロ変わっている。上の画像だけでも、1ページ中で妖怪→魔物→妖怪→ばけものとなっている。

ストーリーの中心は、サスペンス(ホラー)

どろろ のストーリーの根本部分は、魔物を見つける事であり、魔物は人間に化けている。そのヒミツを暴き出す事にカタルシスがある。

上の画像のような華麗な殺陣(たて、戦闘シーン)が売りの作品ではない。どちらかと言うと、サスペンス、むしろホラー作品に近い。手塚治虫の原作では、それを分かってムリにコミカルな演出をしていたが、それも焼け石に水だった。

化物登場シーンで歌舞伎調の演出をする原作↑

グロ、ポリコレ規制

1960年台と、50年後の現代では時代が違う。

現代では、上のような目がない主人公などを使うと、うるさい連中が「障害者差別だ」「キャベツだ」と叫びだす。

ポリコレについても同じで、作中に登場する孤児たちは風呂に入ってないので黒いが、このまま放送するとポリコレ信者たちが「黒人差別だ」と言い出すのは分かりきっている。

つまり「どろろ」は、原作当時と同じでは放送不可能なのだ。実際、1969年に放送されたアニメ版は、再放送されていない。

2019年のアニメ版「どろろ」で、このグロ、ポリコレ規制問題をどうやって切り抜けるのか、ファンをどうやって納得させるのか、監督の腕の見せ所となる。

 

どろろ あなたの評価は?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

どろろの他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)手塚治虫・手塚プロダクション / MAPPA / ツインエンジン

-どろろ
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.