プロゲーマー「格ゲーは海外のプレイ人口が少なく3流扱い。世界では通用しない」 野良連合 貴族 R6S

投稿日:

人気FPSゲーム「レインボーシックスシージ」で世界4位のプロチーム「野良連合」のインタビューがビジネス情報サイト"マイナビ"に掲載された。

野良連合のオーナー貴族氏が、eスポーツのプロゲーマーとして活躍する秘訣を語った。

プロゲーマー「格ゲーは海外のプレイ人口が少なく3流扱い。世界では通用しない」

プロゲーマーチーム「野良連合」オーナー、貴族氏:
日本で流行ってる格闘ゲームといえば「ストリートファイター5AE」ですが、売上は8万本くらいなんですよね。

それに対して「レインボーシックスシージ」は300万本売れてる。日本でも一番プレイ人口が多いゲームと言われてる。

また格ゲーは海外のプレイ人口も少なく、海外のeスポーツ格付けでも"Tier3"(3軍)で、レインボーシックスシージはTier1(1軍)。

この違いは大会の数や賞金額の高さ、動画配信の視聴数によって決まる。Tier1とTier3ではまったく違う。

日本のメディアもそういう状況に気づき始めて、1~2年しないうちにeスポーツの流行は、格ゲー→FPSに変わってくる。

そういう観点から、野良連合はTier1のゲームを中心に活動している。まあ、世界しか見ていない感じですね。

野良連合プロゲーマー、Papilia氏:
eスポーツの流行りは、新しいゲームに流れる事がある。

レインボーシックスシージは、今年で発売して5年が経つ。プレイ人口がへりそうな時期はあったが、野良連合がアジア大会で優勝したり、世界大会で活躍したタイミングでプレイ人口が伸びた。

なので野良連合が活躍した事によって、日本の「レインボーシックスシージ」人気が途絶えずに済んだかなと思います。

https://biz.news.mynavi.jp/articles/-/2592

野良連合の動画

野良連合が世界4位になった時の動画

野良連合の活躍に密着したドキュメンタリー

ゲーミングハウス紹介

 

トップページへもどる

 

【感想】
けっこうハッキリ物を言う人だなぁwスト5が売上8万本は盛り過ぎだと思うけど。

 

(c)野良連合

-最新ニュース

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.