マスコミのモウリーニョバッシング マンU 叩き 清水範久 解説 DAZN 守備的 個人技 ユナイテッド

更新日:

とりあえずモウリーニョを叩いとけみたいな風潮がある。

2018年11/3のボーンマス vs マンチェスターユナイテッド戦をDAZNで見た。結果は、1-2でマンUが劇的な逆転勝利を飾ったのだが、その試合の解説の"清水範久"があまりにひどかった。

90分間マンUはダメだ、攻撃の形が見えない、相手のボーンマスは常に攻撃的でポゼッションを上回り、チームとして連携が取れている。とまるでボーンマスが、バルセロナにでもなったかのように持ち上げて、対するマンUについては、試合中ずっとチームとしてダメだと言い続けていた。私はマンUファンだが、ものすごく不愉快だった。

ロスタイムにマンUが逆転となる2点目を決めた時が印象的で、このクソ解説の"清水範久"は、不満そうに何回もこうくり返した。

「これは完全に個人技です。内容はボーンマスが上回っていました。力技でした。個の力です。チームプレイではありません。チームではなく、個人で点を取りました。」

こんな馬鹿な事を言う解説を見た事がない。ポグバがクロスを上げて、リンガードが相手DFのアケと競ってつぶれて、マーシャルがDFをひきつけて、ゴール前につめていたラッシュフォードが冷静にシュートを放った。これを解説の"清水範久"氏は、個人技だと言う。こんな馬鹿な話は聞いた事がない。

とりあえずモウリーニョを叩いとけみたいな風潮がある

上の動画がマンUの2点目のシーンだ。DAZNで解説をしていた"清水範久"氏によると、これは個人技だと言うが、"清水範久"氏が現役時代もこのプレイを個人技だと言っただろうか。だとすれば横浜Fマリノスで戦力外になったのも納得できる。サッカーを理解していない。

DAZNの解説者 清水 範久

清水 範久(しみず のりひさ、1976年10月4日 - )は、群馬県群馬郡榛名町(現・高崎市)出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード、またはミッドフィールダー。

2010年の11月に、横浜FMから戦力外通告を受けた。

2011年よりアビスパ福岡に所属。J2降格を喫し同年限りで退団し、現役を引退。

https://ja.wikipedia.org/wiki/清水範久

加熱するモウリーニョバッシング

今回取り上げた"清水範久"氏は氷山の一角だ。マンチェスター・ユナイテッドの試合の解説や、ネット上の記事を見ると、いつも「ユナイテッドはチームとしてなってない。モウリーニョには戦術がない。結果はすべて個人の力によるもの。」これをオウムのようにくり返す。もういいかげんうんざりだ。

ただ純粋に今のマンチェスター・ユナイテッドが好きで、試合を楽しみにしているのに、毎回マスコミのモウリーニョ叩きを聞かされる。

モウリーニョファンは生きていてはいけないのか、チェルシー→インテル→レアルとモウリーニョのチームを見てきて、モウリーニョは正直で面白いなと思ってる俺みたいなサッカーファンは、毎回このクソみたいな解説を聞かされるのか。

守備的で何が悪い。俺が好きな選手はファビオ・カンナバーロだ。DFと相手選手の1対1の場面はサッカーの試合の中で一番エキサイティングする。どのリーグでも守備が固いチームが優勝する。今季マンUが苦戦してるのは守備が崩壊しているからだ。

そんな基本的な事も分からずに「マンUは守備的、チームとしてなってない、点が入ったら完全に個人技。モウリーニョは何もしていない。」こんなバカげた解説を毎回聞かされるサッカーファンの身にもなってほしい。私怨でモウリーニョが叩きたいなら、家に帰って一人でブツブツ言ってろと。視聴者、マンUファンを不愉快にさせんなや。

 

トップページへもどる

 

(c)プレミアリーグ / マンチェスター・ユナイテッド

-サッカー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2018 All Rights Reserved.