ガンダムブレイカー3

ガンダムブレイカー3 新機体まとめ20体全部見せます!画像あり!追加ガンプラ

更新日:

full

ガンダムブレイカー3で追加される、新機体20体をまとめて紹介します。

新機体の真武者ガンダム、武者ガンダムMk-Ⅱ(リアル体型)についてはこちら↓

新機体きた!真武者ガンダム、武者ガンダムMk-Ⅱ

新規追加MS20体まとめ

ガンダムバルバトス(第4形態) (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
ガンダム G-セルフ
 (Gのレコンギスタ)
ガンダムAGE-3 フォートレス (機動戦ガンダムAGE)

ガンダム TR-1[アドバンス・ヘイズル] (ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに)
ギャプランTR-5[フライルー] (ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに)

フルアーマーガンダム (機動戦士ガンダム サンダーボルト)
サイコザク (機動戦士ガンダム サンダーボルト)

クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)
バイアラン・カスタム (機動戦士ガンダムUC)

FAZZ ファッツ (機動戦士ガンダム センチネル)
ヅダ
 (機動戦士ガンダム MS IGLOO)

リックディアス (機動戦士Zガンダム)
パラスアテネ (機動戦士Zガンダム)
ドーベンウルフ (機動戦士ZZガンダム)

サーペントカスタム (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)

モビルカプル (∀ガンダム)
ゴールドスモー (∀ガンダム)

ジュアッグ (機動戦士ガンダムUC)
ギャン (機動戦士ガンダム)

ガンダムバルバトス(第4形態)

81GIPYIoC0L._SL1500_

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツ。

装備を換装して、どんな環境にも対応できるのが強み。敵機体の武器や装甲までも装備する事ができる。

第4形態では、「厄祭戦」と呼ばれた大戦当時に使われていたバルバトス本来の姿を再現している。

 

ガンダム G-セルフ

greko

Gのレコンギスタに登場するモビルスーツ。 その外見は、宇宙世紀に活躍したガンダムタイプによく似ており、「Gそのもの」を意味する「G-セルフ」と名づけられた。

バックパックを換装することで、宇宙空間や、大気圏での戦闘など、さまざまな局面に対応する事が可能。

 

ガンダムAGE-3 フォートレス

Ag-age-3-fortress

機動戦士ガンダムAGE、第3部の主役機「ガンダムAGE-3」の砲撃戦用形態。

ホバリング機能で、砂漠や沼地の戦闘に対応する事ができる。非常に火力が高い機体だが、宇宙空間で使う事は想定されていない。

 

ガンダムTR-1 [アドバンスド・ヘイズル]

00

「ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに」に登場。 ジムクゥエルを改造したヘイズル2号機を、さらに改造してヘイズル改のパーツを装着した機体。

 

ギャプランTR-5 [フライルー]

CcSCo0pUEAAFiKM

「ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに」に登場。中身はギャプランとあまり変わっていない。

頭がガンダムタイプになっており、両腕にあった大きなスラスターが、シールドブースターに変更されている。

 

フルアーマーガンダム

1013757_715981408422538_1155440785_n

フルアーマーガンダムの歴史は古く、初出ではMSV企画で見る事ができる。 「ブラモ狂四郎」に登場した時には、「パーフェクトガンダムⅡ」「パワーアップガンダム」「ストロングガンダム」等と呼ばれていた。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」版のフルアーマーガンダムは、青と白でカラーリングされているのが特徴。

非常に火力が高く、右肩には大型ビームキャノン、左肩には6連装ミサイルポッドを装備。 にもかかわらず、機体各所につけられたアポジモーターと、バックパックにある大型ロケットブースターにより、機動力は高機動モビルスーツに匹敵する。

 

サイコザク

saikojpg

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」に登場。 正式名称は「リユース・P・デバイス装備高機動型ザク」。

パイロットの脳波を直接、機体に伝達するシステムを搭載している。サイコミュシステムとは別物。

この機体1機でムーア同胞団艦隊を壊滅させ、フルアーマーガンダムと対決した。

 

クシャトリヤ

kusya

「機動戦ガンダムUC」に登場したニュータイプ専用MS。

クィンマンサの派生機体であり、サイコフレームを搭載し、小型化されているが、Iフィールドジェネレーターまでは装備できなかった。 代わりに拡散用のIフィールドを使う事ができる。

パイロットの強化人間マリーダ・クルスは、数年間売春婦として生活していた。

 

バイアラン・カスタム

act_062_px

「機動戦士ガンダムUC」に登場。 地球連邦軍のトリントン基地で開発された試作型で2機しか存在しない。

腕にガブスレイのクローアームを使い、頭部は連邦軍のMS用に変更されている。

 

FAZZ ファッツ

95b13b0a18f79156a8e951e745f02982

フルアーマーZZではない。FAZZでファッツと呼ぶ。ファッツ!

FAZZは、ハイメガキャノンが撃てず、ビームコーティングもなく、4連装機関砲も2連装に減っており、合計16機も製造されたが、ガンダムMK-Vによって全機撃墜された。

ふぁっつ!!

 

ヅダ

e9dd0618

ヅダは、機動戦士ガンダム MS IGLOOに登場したモビルスーツ。 ザクⅠのライバル機体として開発され、性能は上だったが、事故が原因で競争に負けたとされる。

MS IGLOOの作中で、3番機のエンジンが暴走して爆発炎上し、パイロットは死亡した。 1番機も、エンジンが暴走して爆発した。競争に負けて当然である。

 

リックディアス

img_1

リックディアスは、機動戦士Zガンダムに登場したモビルスーツ。

アムロとシャアが共通して乗った、唯一の機体であり、元ミランのフィリッポ・インザーギが一番好きな機体でもある。

 

パラス・アテネ

1322482495727

パラス・アテネは「機動戦士Zガンダム」に登場した、ティターンズの試作型重モビルスーツ。

非常に高い火力をほこり、ドゴス・ギアを撃沈したが、機動力は並以下である。

 

ドーベン・ウルフ

Doven-wolf-tapa

ドーベン・ウルフは、「機動戦士ZZガンダム」に登場したモビルスーツ。 ニュータイプではない一般兵士でも使える、インコムなどの準サイコミュ兵器を搭載している。

その他にも、メガランチャーや、腹部メガ粒子砲、12連装ミサイルポッド、対艦ミサイルなど、非常に多彩な武器が内臓されている。

 

サーペントカスタム

serpent

新機動戦記ガンダムW Endless Waltzに登場したマリーメイア軍の主力量産モビルスーツ。

リーオーの後継機で、戦う場所を選ばない汎用性が強み。

 

モビルカプル

kapool_and_borjarnon

∀ガンダムに登場した水陸両用のモビルスーツ。水中戦が得意のはずだが、主に地上戦で使われ、なぜか宇宙でもそのまま戦っていた。

ガンダムブレイカー3では、広い範囲に攻撃できるクロー攻撃で敵を切りきざむ。

 

ゴールドスモー

sumo

∀ガンダムに登場したムーンレイスの量産型モビルスーツ。ゴールドカラーはハリーオードの専用機。

スモーはもともと、∀ガンダムとしてデザインされたが、「まるで相撲取りだ」と言われ、不採用になった。 しかしそのデザイン性は高く評価され、敵が使うMSのスモーとして登場する事になる。

ガンダムブレイカー3では、IFバンカーによる攻撃や、飛行ユニットで空を飛ぶことが可能だ。

 

ジュアッグ

jua

ジュアッグは、プラモデルの企画MSVに登場したモビルスーツ。アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するはず、だった。

ガンダムブレイカー3では、手のロケットランチャーを使って攻撃する事ができる。

 

ギャン

CZSz9MfWEAEcRSo

ギャンは、「機動戦士ガンダム」に登場したジオン公国軍のモビルスーツ。

ゲルググと次期主力量産機の座を争ったが敗北した。 しかし、その意思は受け継がれ、続編の「機動戦士Zガンダム」でギャンを再設計し開発されたガルバルディβが登場した。

 

(c)BANDAI NAMCO (c)創通、サンライズ、MBS、テレビ東京

-ガンダムブレイカー3
-,

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2018 All Rights Reserved.