Gジェネレーションジェネシス

Gジェネレーションジェネシスをプレイした感想!レビュー SDガンダム ジージェネ攻略

投稿日:

買う前は、Fの頃からあんま変わってねーな、なんか古くさいなと思ってました。しかしやり始めると、やっぱジージェネって面白いです。

Gジェネレーションジェネシスを、プレイした感想

2016112201125632

Gジェネレーションジェネシスは、Gジェネシリーズ4年ぶりとなる新作で、PS4、PSVitaで発売された初めてのGジェネだ。3Dモデルは、2頭身から3頭身に上がり、よりリアルになった。特筆すべきはグラフィックの進化だろう。バトルではほぼロードなしで、上の写真のような、きれいな画質で戦闘シーンを楽しむことができる。

2016112201073855

ボリュームに関しては、何も心配はいらない。1ステージをクリアするのに、すごく急いで1時間はかかる。各作品ごとに2~5ステージあって、17作品収録されており、約70ステージ近くある。さらに、おなじみの開発、設計システムがあるので、全クリするまでに100時間以上は遊べるだろう。

2016112205353429

テンションを上げて「超一撃」になると、攻撃が必ずクリティカルヒットする。この状態になると、敵に与えるダメージが1.5倍以上になり、弱いMSでもどんどん敵をたおしていける。この爽快さはパチスロの確変に似ており、中毒性があって、面白いシステムだ。

2016112206552812

Gジェネシリーズおなじみの開発、設計システムはさらにパワーアップし、「交換」する事で、新たなMSをステージクリアごとにどんどん開発していける。開発画面がすごく見やすくなったのも印象的で、MSのカッコイイ写真を見ながら、どれを開発するのか、あれこれ考えていると時間を忘れてしまうだろう。

2016112204360883

声優陣はひじょうに豪華で、ふだん声優とか気にしない人でも知ってるような釘宮理恵(上の写真のキャラ)とか、秋元羊介(東方不敗)、田中敦子、佐久間レイ、川上とも子など、大御所から、最近人気の声優までオールスターぞろいだ。制作費のほとんどは声優へのギャラで飛んだんじゃないかと心配になるほどで、これら豪華声優陣がしゃべるオリジナルキャラクターをゲームの最初から使う事ができる。

2016112204160474

 良いところだけ書いては、正直なレビューとは言えない。実際にプレイしてみてこれダメだろと思った部分もある。まず、オリジナルキャラクターのカットイン演出がほとんどない点だ。これはわりと致命的で、せっかく豪華な声優陣を使っていても、カットイン演出がないので、戦闘シーンを見る気が失せる。アップデートするなら、まず第一に追加するべきだろう。

 次に、収録作品のかたよりが気になる。Gジェネレーションジェネシスでは、宇宙世紀シリーズのガンダム作品のみしか登場しない。若い人たちが大好きなビルドファイターズ、SEED、OO(ダブルオー)などの、人気作品が収録されていないのである。このへんは、もっとフレキシブルに対応してほしかった。初代のガンダムやZガンダムのゲームなんて、いくらでもある。宇宙世紀のGジェネは、Fでもう完成してると思うので、もっと新しいモノが見たかったというのが本音だ。

 難易度についても、言っておくべきだろう。このゲームは、ぶっちゃけむずかしい。私も正直言って、3ステージ目のジャブローあたりで、うぉっと思ったほどだ。一見、簡単そうに見えるが、敵がかなり多くけっこう当ててくるので、気が抜けない。各作品のステージ後半になってくると、敵がなだれのように攻めてくる。守るだけでせいいっぱいだ。

 以上が、プレイしていて気になった点である。しかし、それらをふまえても、やはりGジェネは面白い。Gセンチュリーからプレイしてる人や、今作がシリーズ初のプレイヤーでも、ガンダム好きなら買ってソンをする事はない、ガンダムゲームの決定版と言えるだろう。

【Gジェネレーションジェネシスの点数】

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

攻略wikiトップページへもどる

 

(c)トムクリエイト / バンダイナムコエンターテインメント

-Gジェネレーションジェネシス
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2017 AllRights Reserved.