ケムリクサ は2019冬の覇権アニメだ! 感想 評価 1話 たつき監督 りん りな

更新日:

2019年1/9に放送された「ケムリクサ」を見て、これが2019冬の覇権アニメだと思った。

けものフレンズのたつき監督と言う「話題性」、考察しがいのあるストーリー、魅力的なキャラクター、戦闘シーンもよく動いている。作画が良いとは言わない、低予算アニメのような絵作りだが、味のあるビジュアル。まさにたつきワールド全開だった。

ケムリクサ を見た感想

アニメファン、ゲームファンが好きそうなアニメ

これがケムリクサ(TVアニメ版)の冒頭シーンだ。"りん"と"りな"が水を探しに、廃墟を探検する。この世界観、設定とか、キャラもすべて、アニメファンやゲームファンが好きそうだな~と思った。

ユーザーが見たいものをよく分かってる。

意外性

話の展開が予想できる作品は、途中であきてしまう。それは"ありきたり"の物語だからだ。

なので視聴者をおどろかす"意外性"(サプライズ)が必要になってくる。ケムリクサ第1話は、おどろきの展開の連続だった。

「えー続編なの!!?」「いきなりメインキャラころすの?!」

ケムリクサ TVアニメ化と聞いて、2012年にYOUTUBEで配信された「ケムリクサ」旧アニメ版のリメイクだろうと思っていた。実際に、大手アニメサイトも「ケムリクサ TVアニメでリブート決定」などと記事を上げていた。

しかし実際は全然ちがった。TVアニメ版の第1話では、いきなり「りな」が5人で「りん」と「りつ」しかいない。まさかの続編だった。

これにはびっくり仰天した。

最初は仲間が全員いる状態で、もっとゆっくりストーリーを進めていくものと思っていたので、完全に予想を裏切られた。いい意味で。

だって2話がまったく予想できない。この先どうなるの?

あっという間の30分

冒頭からグイグイ引き込まれて、りながしんで「えっ!?」ってなって、りつの緑の光きれいだなーとか、ワカバって旧アニメ版のアイツ?とか思って見てたら、あっという間に終わってしまった。

この作品ものすごくこゆい。スティックコーヒーをいつもの2倍入れたくらいの濃ゆさだった。

ふつうのアニメは、OPやED、CMなどで「尺」を稼いで"時間稼ぎ"をするのだが、この「ケムリクサ」に、そんなものは一切なかった。手を抜いていない。本気さが伝わってきた。

 

ケムリクサ あなたの評価は?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

トップページへもどる

ケムリクサ の他の記事を読む

 

(c)ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

-ケムリクサ
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.