NHK幹部「N国こわい。NHKへの不満が爆発しそう。問い合わせが殺到してる」 立花孝志 NHKから国民を守る党

投稿日:

NHK「怖さある」勢いづくN国 (朝日新聞)

 「NHKから国民を守る党」(N国)が、NHKに揺さぶりをかけている。選挙で議席を得た民意を後ろ盾に、連日テレビに出演。受信料を払った人だけがNHKを視聴できるようにするスクランブル放送導入の主張を拡散させている。公共放送の存在意義を否定する動きにNHKは対応に苦慮している。

 高まるN国のメディアへの露出に、NHKにはN国党や放送のスクランブル化などについて意見や問い合わせが寄せられているという。内容や件数は公表していないが、関係者によると「受信料を払っていない人がいるのは不公平」「(N国を)放置していいのか」などの声があるという。

 そのため、NHKは今月9~11日、総合テレビで、受信料制度への理解を求める異例の3分番組を放送した。

 今回の騒動について、別のNHK幹部は不安を隠さない。「視聴者が抱くNHKへの潜在的な不平不満が今回の動きを機に、一気に噴出する怖さがある

https://www.asahi.com/articles/ASM8C6WNYM8CUCLV002.html 朝日新聞 2019年8月13日の記事

NHK幹部「N国こわい。NHKへの不満が爆発しそう。問い合わせが殺到してる」

感想

朝日新聞の記事は、誤解がある。N国は、「公共放送」を否定していない。それは、昨日8/13に行われたN国の記者会見でもくり返し説明されていたし、立花孝志議員は、「公共放送をぶっこわす!」と一言も言ってない。以下、立花氏の過去の発言。

立花孝志「私は"NHKをぶっこわす!と言ってるが、NHKの受信料制度などの悪い制度をぶっこわすのが目的であって、公共放送は必要だと思ってる。私自身NHKで20年間働いていた。誰よりもNHKの事をよく知っており、愛情を注いできた。だからこそ海老沢勝二会長がスキャンダルで辞任して以降、電通に支配されて腐ってしまったNHKを改革したい。だから「ぶっこわす!」と言ってる。

ちなみに「○○をぶっこわす!」は、小泉純一郎元首相の「自民党をぶっこわす!」「抵抗勢力は全部敵!」をマネした。」

立花孝志氏は、過激な発言ばかりが注目されるが、よくよく話を聞いてみると、まともな事しか言っていない。

・NHKは、ワールドカップサッカーの放送契約料としてFIFAと電通に600億円払っている
・NHKの毎年の予算は、7000億円。(海上保安庁は2177億円。警察は3420億円。
・NHKはあまったお金で新社屋を、3400億円で建設(東京スカイツリーの建設費は、650億円。オリンピックで叩かれた新国立競技場は、1490億円)
・NHK社員の給料は、1780万円(他国の公共放送の給料は、500~600万円程度)

いかにNHKが異常にお金を稼いでいるかが分かる。そしてNHKに集まったお金が電通やFIFAなどに、放送権料として毎年大金が流れている。立花氏は、元NHK本社の会計役の責任者で、海老沢勝二会長の右腕で、当時「週刊文春」に告発記事を書いていたので信憑性がある。彼は一貫して、NHKの不正問題に取り組んできた。

今回NHKの幹部が「N国の騒動で、今までメディアが問題にしてこなかったNHKの巨大な予算や、高額な受信料、違法な取り立てなど、NHKへの不満が爆発する可能性がある」と話したが、今まで問題にならなかった事がおかしいわけで、NHKの予算が7000億円な事について、今まで誰一人として国会議員は追求してこなかった。メディアも報道しなかった。

 

立花孝志 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)NHKから国民を守る党

-NHKから国民を守る党
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.