N国 あわや光太郎 選挙初日にいねむりをするwww 注意すると「パワハラだ!辞めるぞ!」 栃木県 鹿沼市議会議員選挙 大橋昌信 NHKから国民を守る党

投稿日:

2019年8/25。栃木県鹿沼市議会議員選挙に、NHKから国民を守る党から立候補した"あわや光太郎"氏が、選挙活動初日にバス停のベンチで「いねむり」をしていた。

現地には、N国党首の"立花孝志"参議院議員や、N国の現職の市議会議員、遠方からはるばる来たボランティアスタッフなどが、N国から立候補した"あわや光太郎"氏のために、8月の暑い中、汗を流して選挙活動を行っていた。

特に立花氏は多忙で、東京から日帰りで駆けつけて、"あわや光太郎"氏のために即興で演説して場を盛り上げて、有権者に対応しない"あわや光太郎"氏の代わりに、数時間に渡って有権者たちと話して、交流を深めていた。立花氏は駅前の地べたに弁当を置いて食べながら、有権者の対応をしていた。ギリギリまで選挙活動をしていた。

立花氏やN国党の議員が、有権者に対応してる中、当事者である立候補している"あわや光太郎"氏は、離れた場所で、駅目の前のベンチでN国党のタスキをかけたまま寝ていたのである。その時の動画が撮影されており公開された。

当然、N国党の初期メンバーである"大橋昌信"柏市議会議員、"遠藤信一"宇都宮市議会議員は、あわや光太郎氏を注意したのだが、あわや氏は、開き直って「パワハラ」だと言い出した。

事の経緯をくわしく解説 動画あり

2019年8/25 栃木県鹿沼市駅前 立花議員が、あわや光太郎氏の応援演説に駆けつける

立花氏が来ると聞いて、鹿沼市駅前には70人近くの人々が集まった。

立花氏は得意の演説で場を盛り上げた。立花氏が、あわや光太郎氏にマイクを渡すと、あわや氏は人前で話す事になれてないような様子だった。(上の動画18分ごろ)

現場には、N国党の最古参である"遠藤信一"宇都宮市議会議員も選挙活動の応援や、あわや氏の個人的なサポートのために駆けつけた。

立花氏がYOUTUBEで支持者にポスター貼りのボランティアを頼む→ あわや氏独断で、ポスター貼りを他のライバル立候補者に頼む(上の動画24分ごろ)

動画でポスター貼りのボランティアスタッフを募集する立花議員

2019年8/24立花孝志議員が、「栃木県鹿沼市議会選挙で、ポスター貼りをするのでボランティアに来てN国党といっしょに選挙活動しませんか」という動画を公開した。

動画は6万回再生されて、若い人たちを中心に、立花孝志氏と選挙活動をしたいと、わざわざ栃木県鹿沼市まで、支持者が集まった。

勝手にライバル候補者にビラ配りさせるあわや光太郎

それを、あわや光太郎氏は知ってか知らずか、ライバル候補者にポスター貼りを任せて、「その交渉手腕を多少認めて欲しい」と主張した。

埋め合わせのために、鹿沼駅前でビラ配りをして、地べたで弁当を食べる立花氏

(立花氏を見てると、若き日の毛沢東のようなカリスマ性を感じる。地べたに座って、民衆と同じ食べ物を食べて、どんな相手の質問にも堂々と答える。こんな政治家は二度と出てこない。)

あわや氏の行動で、"立花孝志"参議院議員や、全国各地から集まった支持者たちの予定が完全に狂ってしまった。

その埋め合わせのために、立花孝志議員が、きゅうきょ支持者たちとの交流会を開いて、ビラ配りをした。

結局、立花氏やN国党の市議会議員、ボランティアスタッフたちは、2時間以上に渡って、鹿沼市駅前でビラ配りの選挙活動を行った。

いねむりするあわや光太郎

(上の動画2時間5分ごろ)

選挙活動初日に、バス停のベンチでいねむりする"あわや光太郎"

立花孝志議員が、あわや光太郎氏のために、支持者たちの対応をしてる中、そこから離れた向かいのバス停のベンチに座って、駅前で堂々と居眠りしている"あわや光太郎"氏。

「NHKから国民を守る党」のたすきを肩からかけたまま、駅目の前のバス停のベンチで居眠りしており、ものすごく目立っていた。

言い訳するあわや光太郎

この発言にブチ切れるN国党の遠藤議員

もう応援に行くのは遠慮いたします。居眠り(あわや氏の亊)パワハラ(あわや氏の発言より)議員遠藤より(皮肉)

N国党の大橋昌信議員も、怒って、新人候補に注意した。このツイッターの後、あわや氏と大橋昌信氏が電話で直接やりあった。

電話で直接注意する、N国党の先輩議員"大橋昌信"氏

やめると言い出すあわや氏

お前、遠藤さんわざわざ応援に来てくれたのに、それはないでしょ。常識がなさ過ぎる。「遠藤さんありがとうございました。」「居眠りしてすいませんでした!」「明日からちゃんとやります!」だろ。なんで言い訳してんの?頭おかしい。

 

立花孝志 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【編集後記】
N国党は公認した手前、今さら"あわや光太郎"氏の公認を取り下げるわけにはいかない。そう考えているのだろうが、それは大間違いだ。

この"あわや光太郎"は、本当に人間のクズだ。立花孝志氏や大橋昌信氏もクズでチンピラだが、「NHK(既得権益)をぶっこわす」ために行動しているという点では「"筋"が通っている」。

しかし"あわや光太郎"は、自分の事しか考えておらず、言い訳ばかり、選挙運動初日に党のタスキを肩からかけたまま、駅前のバス停のベンチで居眠りする。社会人としての常識がなってない。

そもそも自分が所属した組織の先輩議員が注意すると「パワハラだ!」「僕はこういう人間なんで」「もうやめる」

こんなクズを市議会議員にするな!

もし当選したら、手のひらを返して、N国党を裏切るのが目に見えている。リスクしかない。何のメリットもない。あわや光太郎に関わるのは、人生の無駄遣いだ。

今若者たちが支持しているのは、立花孝志という個人であり、立花孝志がやりたいという「夢」であり、それを応援している「同志」のN国党の仲間たちだ。

誰一人として、あわや光太郎を支持する、N国党支持者はいない。

時間のムダ、党のイメージダウン、初日でこれだけもめてるので、今すぐ、公認を取り消して、関わらない方が良い。

「多忙で公認候補者の面接に時間をかけられなかった」「今後は、N国党の現職市議会議員たちでちゃんと面接してから立候補させる」と言えば、今ならまだ間にあう。

 

(c)NHKから国民を守る党

-NHKから国民を守る党
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.