自民党 司法に介入「NHK受信料は税金と同じで支払いは義務」答弁書 N国 立花孝志 NHKから国民を守る党

投稿日:

NHKと受信契約結んだ人は受信料支払う義務 政府が答弁書 (NHKニュース)

政府は15日の閣議で、NHKの受信料をめぐる質問主意書に対し、NHKと受信契約を結んだ人は、受信料を支払う義務があるとする答弁書を決定しました。

また、受信料を払っていない人への対応について、「政府としては受信料の公平負担の徹底に向けて未払い者対策を着実に実施することなどを求めており、こうした指摘を踏まえてNHKにおいて適切に対応すべきものと考えている」としています。

さらに、受信料を支払っている人だけがNHKの放送を見られるようにするスクランブル化について、「NHKが公共放送としての社会的使命を果たしていくことが困難になる」として、否定的な見解を示しています。

ソース:NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190815/k10012036151000.html

自民党 司法に介入「NHK受信料は税金と同じで支払いは義務」答弁書 N国 立花孝志 NHKから国民を守る党

2019年8/15。政府は「NHK受信料の支払いは国民の義務」だとする、答弁書を閣議決定した。

これはとんでもない事で、行政による司法への介入であり、「NHK受信料」については現在裁判が日本各地で争われており、行政が「裁判で係争中(司法)の問題」について、NHK側の言い分を全面的に認めた答弁書を閣議決定して、司法に介入する事は明確な憲法違反となる。

自民党が言う通り「受信料の支払い」を徹底するとどうなるか

自民党政府は、「NHK受信料の未払い者対策を徹底する」としている。

受信料の未払いをしているのは、個人(一般家庭)だけではなく、法人やホテルなどの中小企業も、高額なNHK受信料の支払いを拒否している。

個人をいじめるのではなく、法人にも受信料の支払いを徹底する必要がある。

その場合、例えば、在日米軍はNHK受信料を払っていない。法人(企業)は、1部屋ごとにテレビある部屋は、毎年2万4770円払う必要がある。ホテルは、全部屋分x24770円の支払いが必要だ。

このようにNHK受信料の支払いを徹底するという事は、大きな混乱をまねく。

それなのに政府は、特に国会で協議もせず、政府にいる自民・公明党の少数の議員のみで、一方的に「NHK受信料の支払いは国民の義務」だとする答弁書を閣議決定した。

N国党の反応

8/15の終戦記念日。自民党がN国をつぶすための閣議決定をしている間、NHKから国民を守る党は、靖国神社に参拝に行っていた。立花孝志議員は、靖国神社を私人として訪れて見学。丸山穂高議員は、N国党を代表して戦没者に献花。上杉隆氏も靖国神社に参拝に行った。

自民党とN国党、いったいどちらが本当に日本国の事を考えている政党なのか、国民は今一度考える必要がある。

 

立花孝志 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)NHKから国民を守る党

-NHKから国民を守る党
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.