任天堂スイッチ 日本だけ無料DLCが配信できないと判明し炎上中www ローカルルール 無料規制 ある制限 100円

投稿日:

任天堂スイッチの日本版だけ、無料DLCが配信できない謎ルールがある事が分かった。

フランスで開発されたゲーム「デッドセル」の無料DLCが配信された際、PS4版や海外のニンテンドースイッチ版は、無料で配信されたのに対し、日本のニンテンドースイッチ版は100円で有料配信された。

この理由についてデッドセルを開発してるモーション・ツイン社が取材に応じ「日本のニンテンドーeショップの"ある制限"により有料にするしかなかった。なので最も低い価格の100円に設定した。日本のプレイヤーの皆さんには本当に申し訳ない」と語った。

ソース: https://automaton-media.com/articles/newsjp/20190524-92699/

任天堂スイッチ 日本だけ無料DLCが配信できないと判明し炎上中www ローカルルール 無料規制 ある制限 100円

感想

たしかPSプラスにも同じような制限があり、CERO:Z指定のゲームはPSプラスで無料配信できない(コールオブデューティーなど)なので、最低価格の100円で配信していた。海外では無料で配信されていた。

思うのだが、日本のゲームをグローバル化させるために、世界基準(海外のルール)を持ち込むのは良いのだが、それにより、作品を二重で規制する結果となっている。

例えば、今回の件もそうだ。海外では無料で配信されているのに、日本の規制に引っかかって無料配信できない。

「エロ表現」はダメだと海外の圧力を受けてソニーが規制して、さらに日本でCEROが「グロ表現」を規制する。海外では規制されていない。

なんか日本だけ二重で規制している。これでは良い作品は生まれない。

 

トップページへもどる

 

(c)

-スイッチ

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.