シェンムー3 をプレイした評価、レビュー 感想 戦闘 ムービー オープンワールド

投稿日:

私は、シェンムー1・2をやった事がない。

しかしシェンムー3をプレイすると、「これはシェンムーだ!」と言いたくなる。

世界観が圧倒的であり、他のゲームとは、時間の流れ方が違う。

シェンムー3は、時間がゆっくり流れるゲームで、気づいたら30分経ってる。

シェンムー3では、村人全員に名前がついており、全村人の顔が違う。性格も違う。村人は時間帯により行動が変わる。

村人ごとに会話ムービーがある。

村にある家のドアをノックして、「すいません。誰かいますか?」と、主人公リョウが話しかける。勝手に他人の家に入ったりしない。

家のタンスの引き出しを全部開けられる。

引き出しの中を見てリョウが「この袋何が入ってるんだろう?」とムービーが流れる。特に何も入ってない。それがシェンムー。

家の引き出しを開けて30分経つ。それがシェンムー。すごいゲーム。

シェンムー3は、触ってるだけで楽しい。プレイ動画を見てるだけで楽しい。

これこそエンターテインメント。これこそオープンワールドゲームだ。

シェンムーをやった事がない人でも、「これはシェンムーだ!」と言わせるほどの説得力がある。すごいゲーム。

シェンムー3 をプレイした評価、レビュー

シェンムー3は、ヴァーチャファイターを開発した鈴木裕氏が開発しており、戦闘はヴァーチャファイターのような、3Dバトルが採用されている。

戦闘も、ストーリーも本格的。大人のゲーム。

シェンファが、道端の草を見つけて、うんちくを語りだす、それがシェンムー。

チェンソーマンもそうだが、当たり前の事をハイレベルにこなしているので、すべての動作がおもしろく、笑いが止まらない。作品愛にあふれている。

シェンムー3は、触ってるだけで楽しいゲーム。

ストーリーは全然進まない。

 

シェンムー3 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)YSNET / ディープシルバー / 渋谷プロダクションズ

-感想、レビュー
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.