【ネタバレ】シェンムー3 のストーリー(あらすじ)まとめ シェンファ リョウ 前作 考察 wiki

更新日:

【1行でシェンムーを解説】
シェンムー1:高校生だったリョウの父親が、中国人マフィア"藍帝"にころされて、「龍鏡」を奪われる。リョウは復讐のために藍帝を追いかけて香港に向かう。

シェンムー2:香港に着いたリョウは、藍帝の手がかりを探して、白鹿村(はっかそん)に到着する。

シェンムー3:白鹿村に向かう道で、シェンファと出会う。龍鏡のナゾを知るシェンファの父"袁"と、それを狙うゴロツキたち。リョウは鉄山靠を習得し、ゴロツキとチャイを撃退して、袁が連れ去られた町"鳥舞"に向かう。

シェンムー3 のストーリー(あらすじ)まとめ

シェンムー2のラストシーンから、シェンムー3のオープニングにつながる

狼回山(ろうかいざん)に着いた笆月涼は、白鹿村(はっかそん)への道で、シェンファと出会う。

シェンファは白鹿村の住人。父親の袁(えん)は、石彫師をしており、岩の壁に巨大な龍と鳳凰を彫っていた(シェンムー3のオープニングシーン)。

第一章 白鹿村(はっかそん)

袁は手紙を残して姿を消す。シェンファとリョウが、袁を探していると、石彫師が次々とおそわれる。

石彫師を襲っていたのは、顔狼(がんろう)とゴロツキたち。

顔狼は、村の燕心(えんしん)の家に立てこもる。リョウが向かうが、返り討ちにあう。

リョウは強くなるために、孫老人の修業を受けて、「鉄山靠」(てつざんこう)を習得し、顔狼と再戦しリベンジに成功する。

捕らえた顔狼は、「"鳳凰鏡"を探せと○○に命令されたが、見つからなかった」「石彫師をさらってこいと命令されたので、シェンファの父"袁"をさらって引き渡した」

「蚩尤門(しゆうもん)のチャイが見張り役で、俺たちゴロツキは言うことを聞かされていただけ。」

「チャイが、葉(よう)ばあさんを狙っている」と白状した。

葉ばあさんと話して、鐘楼のナゾを解くと、「鳥舞」に宝の手がかりがある事が分かる。

おそってきたチャイを撃退し、シェンファの父"袁"と徐が、鳥舞に連れ去られたと分かり、リョウとシェンファは、新たな地「鳥舞」に向かう。

第一章 完

第二章 鳥舞(ちょうぶ)

鳥舞に到着したリョウとシェンファは、鳥舞旅社ホテルに滞在する。

シェンファの父"袁"の写真を手がかりに探していると、鳥舞の屋台街でも、ゴロツキたちが暴れていた。彼らは、レッドスネーク(赤蛇)と呼ばれ、万金堂を拠点にしていた。

リョウは敵のアジトに乗り込むも、心意六合拳を使うボス"革"(カワ)に返り討ちに合ってしまう。

リョウは、八極拳の奥義「鶏子穿林」(ようしせんりん)を習得するが、今度はシェンファがレッドスネークにさらわれる。

それから一晩経つ。

朝になり対岸の古城に渡るため船を探し、さらに1日経つ(泳いで渡れる距離)。

翌日の朝、シェンファがゴロツキ共にさらわれて2日後に、リョウたちは敵のアジトに乗り込む。

レッドスネークのアジトの牢屋に、シェンファの父"袁"と徐が捕まっていた。

さらに進むと、いっしょの船に乗っていた謎の人妻「麗峰」(リ・フェン)が現れて、鳳凰鏡と引き換えにシェンファが解放される。

麗峰は、「古城で藍帝が待っている」と言い、急いで向かうリョウたちの前に、再び"革"(カワ)が立ちはだかる。

奥義「鶏子穿林」で革をたおしたリョウは、古城の最上階で、ついに藍帝と戦う。

 

シェンムー3 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)YSNET / ディープシルバー / 渋谷プロダクションズ

-シェンムー3
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.