ソウルキャリバー6 をプレイした評価、レビュー 感想 難易度 ボリューム キャラクリ ストーリー

更新日:

格ゲーかー、また経験者にボコボコにされんのか、めんどくせーなーと思って「ソウルキャリバー6」 にあまり期待していなかった。しかし、遊び始めてみると意外にやめ時が分からない。

オンライン対戦が苦手でも、オフライン用の一人プレイモードが充実しており、アーケードモード、ストーリーモード、ミッションモード、顔や髪型、下着の色まで自由に編集できるキャラクリなど、大ボリュームのソウルキャリバー集大成と言えるタイトルとなっている。

ソウルキャリバー6 をプレイした感想、レビュー

オフライン(1人プレイ)モードのボリュームがすごい!

ソウルキャリバー6 は、CPUと対戦する「アーケードモード」、ストーリーを楽しむ「クロニクルモード」、さらに自分の作ったキャラクターで世界を旅する「リーブラオブソウル」(ミッション)モードの大きく分けて3つのオフライン専用モードがある。

モード名 内容
アーケードモード CPU8人と順番に戦うモード
難易度は、イージー、ノーマル、ハード、ベリーハード、インフェルノ
クロニクルモード ストーリーを見ながら対戦するモード
全20ステージ
クリアにかかる時間は、2~3時間
クリア後は、20キャラのサイドストーリーが出現する
リーブラオブソウルモード 自分の作ったオリジナルキャラクターで世界を旅するモード
ものすごくボリュームがある

アーケードモード

アーケードモードは、ランダムに出現するCPU8人をたおしていくモード。

ステージ8にはボスキャラも登場する。クリアにかかった時間によって、ブロンズ、シルバー、ゴールド判定が難易度ごとに用意されている。トロフィー条件にもなっている(難易度は問わない)。

クリア時間をタイムアタックで競おう!

クロニクルモード

クロニクルモードは、いわゆるストーリーモードで、ソウルキャリバーの物語を中国人のキリクとシャンファ、琉球人のマキシ(動きはブルース・リーのヌンチャク使い)の中国人3人で旅をする内容だ。

しゃちょう英雄伝とゲームまちがったかな?と思ったが、内容自体はちゃんとしたストーリーモードとなっている。

リーブラオブソウルモード

これからプレイして追加します。

キャラクタークリエイト(キャラクリ)の自由度が高い

ソウルキャリバー6 のキャラクリは、かなりガチ機能となっている。

まず、最初から自由に作る「オリジナルキャラ」、ソフィーティアやソンミナなどのメインキャラを改造しながら作る「レギュラーキャラカスタマイズ」、他のプレイヤーのキャラをカスタマイズする「アレンジタブ」の3つの方法を選べる。

保存できるキャラ数は、100体。作成したキャラクターは、オンライン対戦でも使える。

オリジナルキャラ作ってみた

16種類いる見た目が異なる種族から選ぶ。性別も変更可能。

戦い方(動き、モーション)は、既存キャラクター22人の中から、自由に選べる。ナイトメアの動きをするお嬢様キャラだって作れる。

武器の種類は各6種類、声優は男女合わせて30タイプ、声のトーンや早さも変更可能。

髪型、肌の色、顔の形、体型、胸の大きさも自由に変更可能。

服は、下着、シャツ、上着、ズボン、ベルト、靴下、靴、ネックレス、イヤリング、アクセサリーx3と自由にカスタマイズできる。スカートやふんどしとかある。

色は、髪の色、肌の色、下着、各服のパーツなど変更できない場所はないくらい自由度が高い。

キャラクタークリエイト(エディット)しながら、その場でCPUと対戦して「テストプレイ」が可能。

キャラクリで作ったキャラが、実際に動かしてみると"声が合ってなかった""服が思ってたのとちがった"と思ったら、その場で確認して直す事ができる。これは素晴らしい機能だ!

できたら写真を撮って完成。対戦画面で表示されるポーズも編集できる。

ここまで15分くらいしかかかっていない。ストレスフリーで気持ちよく作成できた。キャラクリ流行りそう。

登場するメインキャラクターは22名

ソウルキャリバー6 は、初期状態だと20人のキャラクターがいる。

ゲラルト、ミツルギ、ソフィーティア、シャンファ、アイヴィー、タキ、タリム、ソンミナ、吉光、キリク、グロー、ザサラメール、マキシ、ヴォルド、アスタロス、アズウェル、セルバンテス、ラファエル、ジークフリート、ナイトメア

クロニクルモード全クリで、インフェルノ(ナイトメアの強化版。マルチプレイでは禁止)

DLCでティラ。発売日時点で合わせて22人のキャラクターがいる。

インフェルノ

ティラ

バトル

バトルは大味気味で、格ゲーと言うより、チャンバラアクションと言った感じ。ガチガチのコマンド入力は必要なく、性能の良い技を押しつけて、かけ引き重視の内容となっている。

別にこれ自体は悪いことではなく、例えば連ジシリーズは難しいコマンド入力は必要なく、動きや立ち回りが重視される。

確反とかフレーム数、難しいコマンド入力がしたいならストリートファイターをやればいいわけで、手軽に遊べるオフラインが充実した格ゲーっぽいチャンバラアクションが遊びたいなら、ソウルキャリバー6 をおすすめする。

リバーサルエッジ

なぜ格ゲーではなくチャンバラアクションなのかと言うと、「リバーサルエッジ」の存在だ。

R1を押すだけで敵のすべての攻撃を受け流して、強制的にジャンケンモードに入る「リバーサルエッジ」は、ゲージも必要なく好きな時に何回でも発動できる。

別に悪いシステムとは言わないが、リバーサルエッジがゲームに与える影響は大きく、例えば近接が得意なキャラが近づいてきたら、R1をちょんと押すだけでジャンケンが始まり、相手を攻撃するか大きくふっとばす。近接拒否が手軽にできる。

ラスボスにも有効でとにかく不利な状況になったらR1を押すだけで、5分以上の状況に持ち込める。

格ゲーが苦手なプレイヤーには最高の救済処置となっており、これがあるおかげでオフラインモードは無双状態でクリアできた。

賛否両論あるだろうがコレでいいと思う。難しくすると初心者はさわった時点でやめてしまう。

横への軸移動でかわせるので上級者にはあまり通用しない。バランスは取れてるはず!

ネットワーク対戦のマッチングが早い!

ネットワーク対戦(マルチプレイ)のマッチングは、30秒以内にすぐ始まった。1回対戦するのに10分以上かかるバトオペ2とは大違い。

ストレスなくサクサク対戦できる。

マルチプレイのモードは、ランクマッチ、カジュアルマッチの2つで、ランクマッチでは、相手の国、使用言語などを選んで対戦できる。

カジュアルマッチは、いわゆるカスタムマッチで、他のプレイヤーが作成した部屋に入って、みんなで対戦するモードだった。他のプレイヤーの対戦を見れるが、他のプレイヤーが対戦してる間、やる事がなかった。

トレーニングモードをやりながらランクマッチの待ち受けも可能だ。

ファンも納得のミュージアムモード

ソウルキャリバー6 のミュージアム(ギャラリー)モードは、とても充実しており、各種ムービーだけでなく、各キャラの設定画まで鑑賞できる。3Dモデルも鑑賞できたらもっと良かった。

前作のソウルエッジ、ソウルキャリバー1~5までのムービーなども見ることができ、ファンも大満足のボリュームとなっている。

 

ソウルキャリバー6 のあなたの評価は?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

トップページへもどる

 

(c)バンダイナムコエンターテインメント

-ソウルキャリバー6
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2018 All Rights Reserved.