グーグルの新型ゲーム機「ステイディア」STADIA まとめ コントローラー 発売日 クラウド ラグ スマホ YOUTUBE

投稿日:

2019年3月20日にグーグルが新型ゲームプラットフォーム「ステイディア」(STADIA)を発表した。

ステイディアはインターネットにつないでプレイする、いわゆる「クラウド」型ゲーム機なのだが、インストール不要、スマホでもPCでも遊べる、YOUTUBEから起動できる、PS4 Proの2倍の性能など、驚くべき性能を秘めていた。

グーグルの新型ゲーム機「ステイディア」STADIA まとめ

ステイディアの特徴

ゲーム機がない。ゲーム機はグーグルサーバーにある

ステイディア(STADIA)のゲームハード(ゲーム機)は、世界中にあるグーグルのデータセンターにある。

ユーザーは、スマホやタブレット、ノートPC、デスクトップPCをインターネットにつなぐだけで、いつもグーグルを利用するように、ゲームをプレイできる。

世界中にあるグーグルのデータセンター(サーバー)上でゲームを動かし、スマホやタブレット、PC画面に映像を映し出すので、ハードの性能は関係ない。スマホでも動く。

今までのクラウドゲーム機は、ユーザー→ゲーム機本体→プロバイダー→各サーバーを経由して、クラウドゲームサーバーに接続していた。

ステイディアは、大手のグーグルがやってるので、ユーザー→プロバイダー→グーグルサーバーと、サーバーを中継する必要がない。

つまり、ゲームプレイ時の遅延(ラグ)が少なくなる。

スマホでもPCでもOK

ステイディア(STADIA)は、スマホやタブレット、ノートPC、デスクトップPCなど、どのデバイスでも動作する。ハードは問わない。クロスプレイ可能。

シームレスにクロスプレイ可能

ステイディア(STADIA)は、スマホでプレイしてそのまま中断して、タブレットでプレイして→PCでプレイして→テレビ画面でプレイなど、シームレスに別の機種でプレイできる。

これは、ゲーム機本体がグーグルのデータセンターにあり、ユーザー側には映像を表示してるだけなので可能な技術だ。

ゲームをインストールしなくていい。アップデートもない

ステイディア(STADIA)は、ゲームをインストールしなくていい。ゲームのデータは、グーグルのサーバー上にあるので、アップデートも必要ない。すぐにプレイ可能。

YOUTUBEから起動できる

ステイディア(STADIA)は、YOUTUBEでゲームのプレイ動画を見て、やりたいと思ったら「購入ボタン」を押すだけで、5秒でゲームを起動しプレイできる。

YOUTUBEで実況動画を見て、実況動画に参加する事も可能。視聴者が動画配信者の代わりにプレイができる。

YOUTUBEは、グーグルの子会社なので、このような連携が可能。

もちろんプレイ動画は、そのままYOUTUBEにアップロードできる。

STADIAコントローラー

ステイディア(STADIA)コントローラーは、ぶっちゃけデュアルショック4(PS4コントローラー)にそっくり。L2R2ボタンとかよく似てる。デュアルショック4は、すごく完成度が高いコントローラーなので、無難っちゃー無難。

PS4コントローラーも使える

ステイディア(STADIA)は、マウスやXBOX Oneコントローラー、PS4コントローラーでも動作する。

2019年サービススタート

ステイディア(STADIA)は、2019年にアメリカ、カナダ、イギリス、欧州でサービス開始。

日本でいつサービス開始するかは、まだ発表されていない。

技術的な話

性能は、PS4 Proの2倍以上!

ゲーム機のスペックの指標となるGPU(グラフィックエンジン)の性能は、以下の通り。

ステイディア(STADIA):10.7 テラフロップス
Xbox OneX:6.0
PS4 Pro:4.2
PS4:1.8
Xbox One:1.3
スイッチ:0.15
WiiU:0.35

ソース https://games.app-liv.jp/archives/248981

4K、60fps、HDR、サラウンド音声対応

ステイディア(STADIA)は、4K、60fps、HDR、サラウンド音声に対応する。

将来的には、8K、120fpsにも対応するとの事。

既存のゲームエンジンに対応

ステイディア(STADIA)は、Unreal Engine、Unity、havok、Linux、Valkanなど、既存のゲームエンジンや技術に対応している。

ラグや回線速度は、グーグルが対応

クラウド型ゲーム機は、インターネットにつないでゲームをするわけで、これまでも「PS Now」などいくつかサービスがあった。どれも成功したとは言い難い。

クラウド型ゲーム機の問題は、インターネットの回線のスピードと、アクションゲーム(FPSやオンライン対戦ゲーム)のラグ(遅延)がある。

ステイディア(STADIA)は、これらの問題点について、グーグルの最新技術と、世界中にあるサーバーで快適なゲームプレイを保証するとの事。

ローンチソフトは100本以上

サービス開始時に遊べるゲーム(ローンチ)は、100本以上。独占ゲームも用意するとの事。

感想

発想はおもしろいと思った。現状では、世界的に見ると家庭用ゲーム機はPS4の一強状態なので、競争がある方が望ましい。今ソニーは、セクシー規制などバカげた事をやっているが(欧米主導ではあるけど…)、ステイディア(STADIA)が2019年にサービスを開始するとなると、「規制」なんてネガティブな事をしているわけにはいかなくなる。

2019年は、PS5や、新型XBOXも発表されると言われている。2019年はゲーム機にとって、大きな歴史の転換点になる事は疑いようがない。

かつてプレイステーションを開発した久夛良木健氏は、こんな事を言っていた。

「あらゆるプラットフォームが、ネットワークの中で溶けていく。」

久夛良木健氏は、2002年のPS2発売時にこの発言をしており、今それをグーグルがステイディア(STADIA)で実現しようとしている。

 

2019年は、どのゲーム機で遊ぶ?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

他の「最新ニュース」を読む

トップページへもどる

 

(c)Google

-最新ニュース
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.