鉄拳7

アケコンを三和製レバーとボタンに変えた感想、交換方法 リアルアーケードプロ、HORI、RAP、検証

更新日:

アケコン(リアルアーケードプロ、RAP)の、HORI製の初期レバーを、ゲーセンでよく使われている三和製のレバーに変えると、どのくらい変わるのか、三和製のレバー、ボタンに交換する方法、三和製のレバーをどこで買うかなどを、動画と画像つきで分かりやすく紹介します。

この記事は、「鉄拳7のためにアケコン買ってみた!リアルアーケードプロ」の続きです。

【6/16追記】三和製のレバーとボタンに変えてしばらく使ってみて、ボタンも変えるべきという結論に至ったので、記事内容を見直して、三和製ボタンについての内容を大幅に追加しました。

アケコン(RAP)を、三和製のレバーとボタンに変えた感想・レビュー

・アケコンを三和製のレバーに変えたところ、↗、↘、↖、↙などのななめ入力が、正確に入力できるようになった(体感できる)
・ハッキリ言うが、HORI製の初期レバーはクソだった(ななめ入力が入力しづらかった)
・アケコン持ってるなら、今すぐ三和製のレバーに変えた方が良い(体感できるほどの差)

・ボタンを、三和製に変えたところ、鉄拳7でボタンの同時押しが正確にでるようになった
・x+○など。初期のHORI製では、うまく入力されない事があった
・三和製のボタンに変えたら、きっちり入力できるようになった
>レバーほどの違いではない。要検証
・ボタンの同時入力が、ばけてしまう人は、三和製に変えた方が良い

・HORIの初期ボタンと、三和製のボタンでは音が違う
>HORI製は、ペチペチ。三和製はパンパン
>ゲーセンのボタンにしたいなら三和。しかしHORIの初期ボタン(HAYABUSA)も音が良い。うすいので連打しやすい

 アケコンのレバーとボタンを変えてみた感想は、今すぐ三和製のレバーに変えるべきという結論だった。HORIのアケコン「リアルアーケードプロ」の初期レバーはHORI製で、ななめが入力しづらかったが、三和製のレバーに変えたところ、明らかに正確にコマンド入力できるようになった。HORI製のレバーがダメだという事がよく分かった。

 びっくりするくらい変わるので、今すぐ変えた方が良い。ボタンについては、まあぶっちゃけ変えた方が良いが、まずはレバーが最優先。レバーを変えると、ボタンの同時押しがうまくできないのが気になってくるので、結局ボタンも変える事になる

アケコンを三和製のレバーとボタンに変える方法

【必要なもの】
・プラスドライバー(2番)
・マイナスドライバー(6番以上)
どのドライバーを使うかは、記事の一番下でちょ~くわしく解説してます

ドライバー必須。1本2~300円くらいなので、amazonでレバーといっしょに買おう
すでに持ってるなら、買う必要はない(大きめのプラスドライバーと、大きめのマイナスドライバーが必要)

【アケコンのレバーを交換する方法】
1.アケコンをひっくり返して、裏面のネジを外す(上の写真)
2.アケコンの裏面を取り外す
3.レバーを取る
>マイナスドライバーで、裏から固定して、表の丸い玉を回して取る(下に画像つきで解説)
>4つの銀のネジを外す(白いコネクタを外す前に先にやる)
>白いコネクタを外す(下に写真つきで解説)

4.三和製のレバーを取り付ける
>白いコネクタをつなぐ
>三和製のレバーを置く(同じ方向。白いコネクタの向きが合ってるか確認)
>銀のネジx4をはめる(ちゃんとシメる)
>アケコンをひっくり返す
>レバーの上からかぶせる丸いやつと、レバーの軸にかぶせる筒をつけて、レバーの先の丸い玉をつける↓

>最後に、アケコンをまた裏返しにして、マイナスドライバーでレバーの軸を固定しながら、レバーの先の丸い玉を回して、回らないように固定しておく

 あとは、裏面のカバーをつける前に、ゲームを起動して、ちゃんと動いてるか確認し、動いてるなら、裏面のカバーをつけて、ネジをしめたら終わり。

アケコンのレバーを交換してみた(交換してる時の画像)

 上の写真の赤い丸印にあるネジを取る。シールが貼ってある場所は、はがすと下にネジがある。シールをはがすと保証対象外になるので注意。

 レバーを取る時は、まずレバーの先の丸い玉を回して外す。そのまま回しても取れないので、裏面から、レバーの軸をマイナスドライバーでおさえて、回すと取れる(上の写真)。この時に、大きめのマイナスドライバーが必要。

 次に、プラスドライバーを使って、銀色のネジを外す。最後に白いコネクタを取る。コネクタは外すのにコツがいる↓

 白いコネクタは、外しにくいので、最後に外す。コツは、最後にゆっくり取ること。上のツメがひっかかっているが、ゆっくりずらしながら取れば、外れるはず。取れない場合は、上の写真を見て、ツメを少し上にあげるなどしてみよう。

 三和製のレバーに交換したら、レバーをおおう丸い筒、レバーの下の黒いうすい丸、レバーの先の玉を取りつける。つけ忘れないようにしよう。

アケコンのボタンを、三和製に変える

1.裏面のカバーを外す
2.交換したいボタンのコネクタを外す
>コネクタは、ひっぱれば取れる(無理に取らない)
>古いやつは金属製だったり、固くて取れない場合はペンチを使う(優しく取る)
>固い場合は、ボタンを回してみたりして、引っ張る方向を変える(無理に取らない)
>全ボタン変える場合でも、1つずつ交換する(配線が分からなくなる)
>2つコネクタ(+と-)があるが、方向は気にしなくて良い

3.ボタンを取る
>ボタンのツメを両端からおさえながら、押し出す
>おさえられない場合は、ボタンを回す

4.ボタンを交換する
>下から、ボタンを差し込む(アケコンの上側から)
>ツメがカチッとなるまで押し込む(しっかりハマると、ツメが左右に広がる)

5.コネクタを差す
>2つある(+と-)が、どちらでもOKらしい
>しっかり優しくさす

どのドライバーを使うの?

・アケコンの裏面と、レバーに使われているネジを外すために、プラスドライバーが必要
・ネジ穴は普通くらい
・プラスドライバーは、一般的に使われている「2番」を使う(大きいやつ)
・見分け方は、例えばamazonだと「VESSEL クリスタラインドライバー プラス2×100 No.6300」などと商品名が書かれているが、「2x100」で見分けられる

・2がドライバーの先の太さ、つまりどのくらいの大きさのネジに使うかを表す
・100が、先端の金属部分の長さを表す
・+2x100、このように表記される(最初の+は、プラスドライバーという意味)

・つまり、+2(プラス2)なら何でもOK!
・2~300円くらい。amazon他、ホームセンターで買える

・レバーの丸い玉を外す、交換して固定する時に、マイナスドライバーを使う
・マイナスドライバーは、6番以上くらい
>先が大きい方が良い
>精密ドライバーセットのマイナスドライバー3番じゃ、小さすぎて無理
>大きすぎる分は問題ないが、小さすぎると固定できない

三和製のレバーと、ボタンをどこで買うか

・上の写真は、三和製のレバーとボタンに交換後の画像
・PS4コンと同じように、□ピンク、△緑、x青、○赤とかにできる
・上の画像のようにするには、ピンク OBSF-30-P、緑 OBSF-30-G、青 OBSF-30-B、赤 OBSF-30-R、白 OBSF-30-Wを買う
>L1、L2は、黒枠グレー OBSF-30-K-Hを買ってしまったが、しっくりこないので、黒 OBSF-30-Kが良かった

・三和製のレバーやボタンは、amazonで買える
・ボタンのサイズは、30φを選ぶ
>他に24φサイズがある。24φは、OPTIONSボタンなどの小さいボタン用

三和電子 レバー JLF-TP-8YT-SK(amazon)

三和電子 ボタン30φ OBSF-30(amazon)

上のリンクは、アフィリエイトとかではなく、ただのリンクです。ふつうにクリックしてOKっす。私は、↑の三和電子レバーの白色を買いました。色選べます。静音低反発とかありますが、普通のやつでいいです。静音タイプは反応が悪いとか。

 

トップページへもどる

 

(c)鉄拳7 / バンダイナムコゲームス

-鉄拳7
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2017 AllRights Reserved.