2018 ワールドカップ

今回のワールドカップはPK多すぎ 2018 W杯 ロシア大会 八百長 誤審 VAR イングランド 日本代表

更新日:

2018 ワールドカップが始まって4日経った。今日はイングランド 対 チュニジアの試合が行われていたので楽しみに見ていたら、またPKになった。もう何度目だろう。2018ワールドカップでは、2試合に1回PKが発生している。

今回のワールドカップはPK多すぎ

・今回のワールドカップは、PK多すぎ
>6/19時点で、15試合行われてPK8回
・2試合に1回、PKが発生している
・PKは試合をこわしてしまう

・審判のPKの基準が、試合ごとにあいまい
・ダイブをPK判定など、誤審も発生している
>アルゼンチン戦のPK、イングランド戦のPKなど

・VAR(ビデオアシスタントレフリー)を導入した結果がこれなら、VARなんかいらない

2018ワールドカップのPKまとめ

日付 対戦国 内容
6/16 ポルトガル 対 スペイン クリロナがナチョに足をかけられてPK
フランス 対 オーストラリア 58'グリーズマン(PK)
62'ジュディナク(PK)
アルゼンチン 対 アイスランド ・メッシがPKを外した
・たおれたメサはダイブだった
6/17 ペルー 対 デンマーク ペルーがPKを獲得したが外した
6/18 スウェーデン 対 スイス 韓国の選手が両足タックルでPK。妥当
6/19 チュニジア 対 イングランド カイル・ウォーカーの手にチュニジアの選手がしゃがんで当たってPK
  コロンビア 対 日本 シュートを手でブロック→PK+レッドカード退場

たった4日で、これだけのPKが発生しているのは異常事態としか言いようがない。

6/19 チュニジア 対 イングランド戦のPK判定

イングランドのカイル・ウォーカー(中央の赤い服)に後ろから近づく、チュニジアのベンユセフ(白のユニフォーム)。

カイル・ウォーカーの手に当たってたおれるチュニジアの選手。

カイル・ウォーカーの手は、上には上がっておらず、相手との競り合い程度でしか手は使っていない。これでファールなら、PA内では守備が不可能になってしまう。

チュニジアの選手は、わざわざしゃがんでカイル・ウォーカーの手に自分から当たりに行った。

2018ワールドカップでは、VAR(ビデオアシスタントレフリー)が採用されているので、このシーンでもビデオ判定が行われたが、結果はPKだった。

くり返すがこんなしょーもない、明らかなダイブ行為でPKを与えるなら、VARなんか必要ない。サッカーは巨額の金が動くスポーツなので、八百長がないとは言わないが、ここまでひどいのは見た事がない。プレミアリーグではこんなにPKは取らない。PKは試合を決定づけてしまうので、本当にやめて欲しい。

 

トップページへもどる

 

(c)2018 FIFA WORLD CUP

-2018 ワールドカップ
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2018 All Rights Reserved.