【また規制?】ソニー吉田社長「ゲームをやり過ぎると病気になる事について、重く受け止めて対策する」

投稿日:

2019年5/20。WHO(世界保健機関)の総会で、ゲームのやり過ぎで日常生活が難しくなるゲーム依存症を「ゲーム障害」だと、新たな疾病として認定した。

ゲーム障害の認定を巡っては「実例も少なくさらに研究が必要では」という声もあったが、日本を含む多くの国が「ゲームのやり過ぎで病気になる」と支持した。新たな病名「ゲーム障害」は、2022年1月から施行される。

日本経済新聞より

2019年5/22。これを受けてプレイステーション4などのゲーム機を販売しているソニーの吉田憲一郎社長が、共同通信のインタビューに応じた。

吉田社長は、「ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる『ゲーム障害』という病気について、重く受け止めて対策しないといけない。」と語り、具体的な内容は言及しなかったものの、さらなる規制に乗り出す可能性がある。

ライブドアニュース(共同通信)より

【また規制?】ソニー吉田社長「ゲームをやり過ぎると病気になる事について、重く受け止めて対策する」

感想

ゲーム機でビジネスをしているトップ(社長)が、「ゲームをやり過ぎると病気になる」なんてトンデモ理論を「重く受け止めて対策する」なんて言ってる事が残念でならない。

じゃあネットのやり過ぎも「依存症」だろう。パチンコだって「依存症」だ。「ガチャ課金」の方がよっぽど悪質だ。ガチャをなぜ取り締まらない?

eスポーツでゲームのプロプレイヤーになれと言いつつ、一方では、ゲームをやり過ぎると病気になる等と、言ってる事がデタラメ過ぎる。

ゲームをやると病気になるの?

ソニーの吉田社長は「重く受け止めて対策する」と、さらなる規制に乗り出す可能性があると共同通信は報じているが、これが事実なら、呆れて言葉もない。

あなたはいったい誰の味方なんですか?

 

トップページへもどる

 

(c)ソニー

-PS5、ソニー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.