吉崎観音版 けものフレンズ第1話 総監督 ナマケモノ レベル4 肉感的 脚本 トゲ抜き Vコンテ 書き起こしシナリオ

更新日:

けものフレンズ オフィシャルガイドブックより 吉崎観音のアニメ監修について

美術、音、モーション等、アニメ作品としてどの部分にこだわり、どの部分の力を抜いていいのかを「1話」においてのみ、吉崎観音氏の細かな監修が行われている。監修にはほぼ全て、その「理由」と「効果」が書かれていた。

けものフレンズ(1期)第1話Vコンテ書き起こしシナリオ(吉崎観音)

冒頭パートは可能な限りナレーション無し(画面で視聴者を引き込むため)

ー木の上。

サーバル:みゃおアー(あくび)

ーハント中。

サーバル:みゃ!はっはっ、みゅ、うみゃ!はっはっ、みやむう!

かばん:ふわああ!?

サーバル:狩りごっこ?私の勝ち!またやろう!?あなた、見かけない子だね。

かばん:あう…あのその…僕、道に迷って…ここがどこだか。

サーバル:ごめんね。私、狩りごっこが好きだから。あなた、狩りごっこあまり好きじゃない「けもの」なんだね。私はサーバル!この辺は私のなわばりなの!

かばん:サーバル…?じゃあそのお耳としっぽは?

サーバル:どうして?何かめずらしい?あなたこそ…尻尾と耳のないフレンズ?めずらしいのはあなたの方よ!

ー崖を降りるシーン。

サーバル:おそいよお!ほらはやくはやく!

かばん:そんなこと言っても!うわわ!

サーバル:ゆっくりな動き。まるでナマケモノ!あなたひょっとして、ナマケモノのフレンズ?

かばん:フレンズって…いろいろいるの?

サーバル:いるよ?私より強くて怖くっておっきいネコ科のフレンズもいっぱいいる!

かばん:やっぱりその…かまれたりするの?

サーバル:そんなこと!ときどきキゲンが悪いときだけだよ!

(たつき監督作成のVコンテから書き起こされた吉崎観音氏によるシナリオ原版。子供向けを意識した配慮が随所にみられる。)

吉崎観音版 けものフレンズ第1話 総監督 ナマケモノ レベル4 肉感的

たつき監督にサーバルのデザインに注文をつける吉崎観音氏

けもフレファンが希望する顔バランスは、このくらいの感じだと思います。by 吉崎観音 2016.6.28

耳毛は動物にこだわる場合、重要な評価ポイントになるので、このくらいていねいにいってほしいです。

(ヤオヨロズの作ったサーバルの3D)ボディはまったく問題ないです。肉感的なアプローチは、評価を得られると思います。

ティザー画像に注文をつける吉崎観音氏

ミスかもしれない、ご注意下さい。

元絵を尊重しつつ、全体的にシルエット、ディティール、モデリングのほつれ部分を、重点的に修正しました。

レベル4

橋リアン(仮)通常は戦いをさける危険度の高い「レベル4」のセルリアン。戦闘を行う戦士タイプのフレンズは、普通に「レベル4」と呼ぶ。

第1話でフレンズがしんだのは、吉崎観音氏の案

橋リアンは、ひと目で異常性が分かるデザインと運用にして下さい。体内には、○○○○のフレンズを取り込んで下さい。(○○○○は再起不能です。)

 

けものフレンズ2 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

 

(c)トマソン / 吉崎観音 / けものフレンズプロジェクト

-けものフレンズ2
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.