XBOX独占ゲーム クラックダウン3 初週売上4000本で爆死www ライオットアクト マイクロソフト クソゲー

投稿日:

XBOX One独占ゲーム「クラックダウン3」(日本名はライオットアクト3)のイギリスの初週売上は、4000本だった(13位)。前作のわずか10%しか売れていない。

前作「クラックダウン2」は、35,000本売れて、最終的にイギリスだけで75,000本売り上げた。

評価も低く、メタスコア59点。ユーザースコアは4.2(10点満点中)だった。

【イギリスの2/10~2/17のゲームソフト週間売上ランキング】

順位 タイトル名 販売会社名
1 ファークライ・ニュードーン UBIソフト
2 メトロ・エクソダス ディープシルバー
3 レッドデッドリデンプション2 ロックスター
4 ジャンプフォース バンダイナムコ
5 FIFA19 EA
6 バイオハザードRE2 カプコン
7 ニュースーパーマリオU デラックス 任天堂
8 キングダムハーツ3 スクウェアエニックス
9 マリオカート8 デラックス 任天堂
10 コールオブデューティー・ブラックオプス4 アクティビジョン

https://www.gamesindustry.biz/articles/2019-02-17-uk-charts-far-cry-new-dawn-is-no-1-but-metro-exodus-is-the-real-winner

1位のファークライ・ニュードーンは、去年の「ファークライ5」と比べて86.5%売上が減少した。ファークライプライマルと比べても4分の1しかない。

ファークライ・ニュードーンの売上の内訳は、PS4版が60%、Xbox One版が39%、PC版が1%。

メトロエクソダスは、1位と2000本差だった。PS4版が57%だった。

4位のジャンプフォースは、PS4版が76%売れた。

XBOX独占ゲーム クラックダウン3 初週売上4000本で爆死www

クラックダウン3 とは

クラックダウン3(日本ではライオットアクト3)とは、XBOX One独占ゲームで、HALO5やスケイルバウンド(開発中止)とあわせて、XBOX Oneの目玉となるソフトとされていた。

2015年発売予定だったが、延期を重ね、2019年2/15に発売された。

マイクロソフトスタジオが販売している(ファースト)。

スケイルバウンド開発中止時のプラチナゲームス神谷英樹氏のツイート↓

4000本はやばい

ファーストスタジオのゲームが、4000本しか売れないのはヤバイ。それだけアクティブユーザーが少ないという事になる。

マリオが4000本しか売れなかった。ラストオブアス2が4000本しか売れなかったなんて事が起きたら大事件だ。

マイクロソフトのファースト軽視。独占()サギ

(E3でトゥルー4K、エクスクルーシブと連呼するフィル・スペンサー氏)

最近のマイクロソフト(XBOX)のファーストスタジオはやる気が感じられない。

マイクロソフトのゲーム統括者:フィル・スペンサー氏は、E3で「エクスクルーシブ!(独占)」「トゥルー4K」などと連呼していたが、ろくな独占ゲームがでてこない。それどころかマイクロソフトは、ここ数年、相次いでファーストスタジオを閉鎖している。

ラストオブアス、ホライゾン、ゴッドオブウォー、GTスポーツ、アストロボットなど、良質なゲームを量産しているソニーのファーストスタジオとは対象的だ。

【イギリスの初週売上比較】
スパイダーマン:190,000
ゴッドオブウォー:96.000
クラックダウン3:4.000

E3でXBOX Oneでテレビ(TV)が見れる、ティーヴィーティヴィと連呼する伝説のネタ動画↓(820万回再生)

XBOX GO HOME!(帰れ) が超ウケるw

 

トップページへもどる

 

(c)マイクロソフト / Xbox One

-最新ニュース

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.