初音ミクVRの感想、レビュー 評価 キャラデザ 3Dモデル PSVR

2019年12/5に、PS4(PSVR)で「初音ミクVR」が発売される。

そのプロモーションビデオを見て、コレジャナイと思った。

私は、MMDや初音ミク プロジェクトディーバ・フューチャートーンを3日に1回は起動しており、

いわゆるミクキチ(熱狂的な初音ミクファン)なのだが、「初音ミクVR」を見て、

「違う、そうじゃない」「その初音ミクじゃない」と怒りで打ち震えた。

初音ミクVRの感想、レビュー

「初音ミクVR」の3Dモデル

初音ミクは、製作者によりさまざまな3Dモデル(キャラクターデザイン)が公開されている。

例えば私は、セガが作った「プロジェクトディーバ・フューチャートーン」(PDAFT)版の初音ミクの3Dモデルが大好きなのだが、というかそれを初音ミクだと認識している。

MMDでも、PDAFT版の初音ミクで楽しんでいる。それ以外の製作者の初音ミクには、興味がない。

セガ制作 プロジェクトディーバ・フューチャートーンの初音ミク(PDAFT)

セガもその「3Dモデルの強み」(アイデンティティ)を分かっており、セガは多数の「初音ミク」のゲームを発売しているが、ほぼ一貫して、同じ初音ミクの3Dモデルを使っている。

つまり「ブランディング」しているという事だ。

いろいろな初音ミクの3Dモデル

Lat式

あざとい、Lat式ミク。

あぴみく

かわいさ重視の、あぴみく。

「初音ミクVR」の3Dモデル

話を戻そう。初音ミクVRの3Dモデルは、おそらく一般人が制作したモデルを使用してると思われるが、

開発は、いろいろな初音ミクがいる事をちゃんと調べて、この3Dモデルを選んだのか。

なにかこだわりを持って、このミクの3Dモデルにしたのか。

初音ミクは、3Dモデルの製作者ごとにファンがおり(○○式と呼ばれる)、そのようなMMD文化を分かって、このゲームを作ったのか。

俺にはそう思えなかった。

開発が本当に初音ミクが好きなら、こんな3Dモデルは使わないはずだ。

てきとうにPSVRで初音ミクのゲーム出しました。そんな「にわか」が作ってるように、俺には見えた。

だって本当に初音ミクが好きで、VRでも初音ミクが見たい!と言うのなら、3Dモデルに手を抜けるはずがない。

MMDをやってる人なら分かると思うが、初音ミクというだけで、数千体の3Dモデルが公開されている。

その中から、1つ1つチェックして、自分の好みの「初音ミク」を探す。

その情熱が、「初音ミクVR」には決定的に足りていない。

 

他の「感想、レビュー」記事を読む

トップページへもどる

 

(c)初音ミクVR

-感想、レビュー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.