「全員やめさせてやる」山口真帆を攻撃するという週刊文春というクソメディア 文春砲 証拠 録音テープ 脅迫

2019年4/24。NGT48から引退した山口真帆氏を誹謗中傷する内容の記事が、ヤフートップニュースに掲載された。

記事タイトルは「ぐちゃぐちゃにする!山口真帆が犯人を問い詰める現場録音テープがある」。

記事内容は、山口真帆氏が帰宅して家のドアを開けた瞬間に、複数の男性が部屋に押し入り彼女に乱暴した事件で、山口真帆氏が事件後興奮して、犯人らに「ぐちゃぐちゃにする」「全員やめさせてやる」と発言した証拠の録音テープがあると、彼女が今後よけいな事を言わないよう脅迫するような内容だった。

この記事を書いた会社は「週刊文春」と言い、ネット上では「文春砲」などと言い、個人を攻撃するような内容の記事を、正義ヅラして上げているしょーもないクソメディアだ。

「全員やめさせてやる」山口真帆を攻撃するという週刊文春というクソメディア

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00011712-bunshun-ent

(山口真帆氏の引退時のセリフを「恨み節をぶちまけた」と表現する週刊文春)

週刊文春は、今回のNGT48と山口真帆氏の一連の騒動に関して、一貫して山口真帆氏を攻撃し、NGT48運営を擁護している。

その理由は分かりやすく、山口真帆氏を襲った加害者の男性の稲岡氏と、週刊文春につながりがあるからだ。

この事実がバレるとまずい週刊文春はこれまでも、何回もデタラメの記事を上げて、NGT48の問題を混乱させてきた。

今回の記事はその1つに過ぎない。

山口真帆氏の人間性を攻撃する記事を上げる事で、いわゆるDD(どっちもどっち)論に持っていくのが狙いだろう。それと、山口真帆氏に対する警告の意味もあるとみられる。証拠の録音テープがあるから、公開されたくないなら・・・黙ってろというやつだ。

これは「脅迫」でしかない。

週刊文春はこれだけではなく、他にも偏向報道をくり返している。今話題の「けもフレ2炎上騒動」についても週刊文春は、たつき監督側を攻撃するでたらめな記事を上げていた。

2017年10/7の文春砲(笑)

2017年10/7に、週刊文春が「文春砲」と呼ばれる人をつけ回して得た情報をスキャンダルとして報道する記事が公開された。

内容は、「けものフレンズのたつき監督の相棒の福原プロデューサーがセクハラしていた。けもフレ声優がキャバクラで働いてる、タバコを吸っていた」など。全部デタラメだった。

この「週刊文春」によるデタラメな報道に対して、渦中の福原プロデューサーがすぐさま反論した。

福原慶匡プロデューサーの反論

福原慶匡氏:
 本人の名誉のために弁明しますが、けもフレ声優の小野早稀は喫煙者じゃありません。週刊文春の記事は、意図的に切り取られている写真です。

 僕がカサを買いに行ってる間に、酔っぱらいに絡まれた彼女が、喫煙所に逃げ込んだ時の写真です。

 誤解を与える為の表現なので、週刊文春にだまされないで下さい。

週刊文春が、声優の小野早稀氏が喫煙していた証拠として上げた写真

https://twitter.com/uota/status/916906378387533824

小野氏はタバコなど吸っておらず、仮に吸っていたとして、20才を超えている彼女が喫煙所でタバコを吸っていて何が悪いのか。

なぜ週刊文春はこんな記事を上げたか

週刊文春がこの記事を上げた2017年10/7当時は、たつき監督降板騒動がネット上が話題になっていた。

週刊文春がこの記事で名指しで批判した、福原慶匡氏、小野早稀、けもフレ1期の声優陣は、全員ヤオヨロズの親会社、芸能事務所ジャストプロの所属だった。

明らかにジャストプロ叩き(たつき叩き)が目的の記事だった。

反対に、吉崎観音氏は倹約家で庶民派などと同じ記事中で言っており、露骨なネガティブキャンペーンだと分かる。

その他の週刊文春の偏向報道

週刊文春は営利団体。ネット民の味方、正義の味方などではない

今回のNGT48、けもフレ2騒動どちらも週刊文春はまともな報道をしていない。

これは週刊文春という会社を考えれば当然のことで、NGT48の事件の黒幕とされている荻野由佳氏は芸能大手ホリプロの所属、週刊文春の子飼いだった加害者の稲岡氏の存在など、週刊文春が叩けるわけがない。

けもフレ2騒動も同様で、けもフレ2運営のカドカワ+テレビ東京と戦うより、弱小アニメ会社ヤオヨロズとジャストプロを叩く、週刊文春の考え方は非常に分かりやすい。

「文春砲」がまるでネット上の悪事を暴く、正義の味方みたいな報道をされている事に違和感を感じる。

彼らが叩いてる、炎上させるのは何かしら目的があり、それによって誰かが得をしている。

自分の事を正義の味方、ジャーナリスト、中立などと言う輩に、まともな奴はいない。

 

トップページへもどる

 

(c)週刊文春()

-最新ニュース

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.