元ゲーセン店員が語る ゲーセンがオワコンになった理由 ゲームセンター衰退 スマホゲー PS4

2019年11/11。ヤフートップで「ゲーセンの店舗数が2万6000から、4000店に激減!」というニュースが報道された。

これを見て「妥当かな。時代の流れだな」と思った。

私は以前、ゲームセンターの店員をやっており、今はこのサイト(ゲーム攻略サイト)を運営している。

いちゲーマー、元ゲーセン店員として、なぜゲーセンが潰れているのかを、分かりやすく紹介する。

結論から言おう。なぜゲーセンがつぶれているか。これには主に3つ理由がある。

①ゲーセンユーザーがスマホゲーに流れた
②家庭用ゲーム機が進化して、ゲーセンと同じ事ができるようになった
③家で、ネット対戦できるようになった

つまり家で、スマホで、ゲーセンと同じ事ができるようになり、わざわざゲーセンまで行く必要がなくなったのだ。

元ゲーセン店員が語る ゲーセンがオワコンになった理由

私は複数のゲームセンターで計2年ほど働いていた。客としてゲーセンにもよく通っていた。

多くのゲームセンターは、大きく分けて3フロアあり、「UFOキャッチャーなどのプライズコーナー」「競馬ゲームやスロットなどのコインゲームコーナー」「対戦ゲームなどのビデオゲームコーナー」

これらはどれも客層が違う。

UFOキャッチャーやプリクラなど:ウェイ勢、リア充、カップル、若い人

競馬ゲームやコインゲーム:1日中ゲーセンにいるような居場所がない人たち

対戦ゲームコーナー:ゲーマー、たまにリア充、ヤンキー

このうちのリア充(オタクではない一般人)やカップル、若い人たちが、まず「スマホゲー」に流れた。

次に、どこにも居場所がなく、パチンコ屋に行くお金もない人たちは、ゲーセンの「コインゲームコーナー」に1日中いたが、この人たちも「スマホゲー」に流れた。

最後に「鉄拳7」や「ヴァーチャファイター」などの対戦ゲームのガチ勢たちが、ビデオゲームコーナーの常連客だったが、この人たちが、家庭用ゲーム機(PS4)で、家で無料で朝から夜まで、対戦ゲームができる事に気がついて、「家庭用ゲーム機」に流れた。

つまりゲームセンターに行く理由がなくなったのだ。

今もゲーセンにいる人たちは、申し訳ないけれど、時代に取り残された古い地球人よ。

次にオワコン化するコンテンツ

PS4(プレイステーション4):1本8000円払ってゲームを買う時代は終わった。今後も客がスマホゲーに流れ続ける。今の状況は、2001年ごろのエロゲー衰退期とよく似てる。

ゲームショップ:ゲームを店で買う時代は終わった。ダウンロード版に移行している。そもそも家庭用ゲームがオワコン化しつつある。

本屋:ネットで漫画や雑誌が読み放題の時代がきた。それでも紙媒体で読みたいというヘンクツな人もいるが、一度Kindleなどのネット本サービスを利用して、その便利さに気づいてしまったら、もう本屋に行く事はない。地図ですら、今はスマホのグーグルマップがある。

漫画喫茶:ネットカフェは残るが、純粋な漫画喫茶は需要がない。スマホで、家で、漫画読み放題の時代に、わざわざお金を払って漫画喫茶に行く理由がない。

 

トップページへもどる

 

(c)

-コラム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.