eスポーツのせいで、マルチプレイからエンジョイ勢がいなくなった FPS/TPS

2000年代のFPS/TPSのマルチプレイ(オンライン対戦)は平和だった。

2005年に発売されたメタルギアソリッド3のメタルギアオンラインをやり込んだものだ。

みんなへたくそだった。俺がドーベルになれるくらい、俺がうまいと思えるくらいレベルが低かった。だから初心者を見ると手加減したり、初心者狩りをしている奴は晒された。そのくらい平和だった。時間がゆっくり過ぎてた。

今はそんな事できない。

軽い気持ちでコールオブデューティのマルチプレイなどやろうものなら、1試合で叩きのめされる。

「地雷」「ガイジ」だと初心者が晒される時代になった。

eスポーツは、マルチプレイを変えてしまった。

マルチプレイ=競技として認知されたために、エンジョイ勢の居場所がなくなってしまった。

昔は、ガチャも課金もパーティも放置もなかった。

みんな純粋に楽しんでプレイしていた。

【FPS】eスポーツのせいで、マルチプレイからエンジョイ勢がいなくなった

ゲームはスポーツじゃない

ゲームをeスポーツにして、オリンピック種目にするとかいう頭おかしい連中がいるが、

誰もゲーマーはそんな事を望んでいない。

eスポーツのチームの写真では、陰キャがユニフォームを着て腕を組んでいるが、あれがカッコいいと思っているのだろうか。あれに子供たちがあこがれるとでも?

 

他の「コラム」記事を読む

トップページへもどる

 

(c)

-コラム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.