ドコモ口座・不正利用問題 ゆうちょ、三井住友、みずほ銀行は? 提携 停止 詐欺 炎上

ドコモ口座・不正利用問題とは

ドコモ口座・不正利用問題とは、2020年9月に発生した金融被害。

【名前】【銀行口座番号】【暗証番号】この3点が判明すれば、勝手に「ドコモ口座」を開設して、お金を引き出せるようになる。

個人の【銀行口座番号】や【暗証番号】は、過去に銀行やインターネットの通販会社の決済システムなどから、すでに情報漏えいしており、そのデータを使って、ドコモ口座を通じて、お金を引き出される被害が多発している。

ドコモ口座が勝手に作られて引き落とされるので、ドコモ口座を持ってない人でも被害にあう

「ドコモ口座」とは、【銀行】ではなく【プリペイド決済】システムとなっており、

口座を開設するのに、【本人確認】が必要なく、フリーメールで個人が大量に口座を開設できる。

【ドコモ口座でできる事】
・他の銀行からお金を送金してもらう
・お金を引き出す

つまり、

・フリーメールで「ドコモ口座」を開設する
・過去に漏洩した【名前】【銀行の口座番号】【暗所番号】などの個人情報を手に入れる
・インターネット上で、銀行→「ドコモ口座」に送金する手続きをする(口座番号+暗証番号のみでできる)
・銀行から「ドコモ口座」にお金を送金して、引き出す

ここで重要なのは、この流れで一度も【本人確認】が必要ないこと。

【名前】【銀行の口座番号】【暗所番号】さえ分かれば、誰でも被害にあう可能性がある。

ドコモ口座・不正利用問題 ゆうちょ、三井住友、みずほ銀行は? 提携 停止 詐欺 炎上

ゆうちょ、三井住友銀行、みずほ銀行など大手銀行も「ドコモ口座」を作って、不正に引き落とせる状態

ドコモ口座公式サイトより

ドコモは、「ドコモ口座」の不正利用問題で、【一部の地方銀行】のサービスの申し込み受付を停止すると発表した(申し込みができないだけで、引き落とせる状態)。

しかし「ドコモ口座」は、【ゆうちょ銀行】や【三井住友銀行】【みずほ銀行】でも、口座作成できる状態で、こちらが不正利用に悪用される可能性がある。

2020年9/9現在も、以上の3銀行では、「ドコモ口座」を作成→引き落としができる状態となっている。

対策方法

ゆうちょ銀行や三井住友銀行を利用している人は多い。

対策は、「ドコモ口座」の停止が一番いいのだが、ドコモが停止しないので、今後も被害が拡大する可能性が高い。

実際に、被害銀行は9/5の時点で3行だったが、9/9には14銀行に拡大した。

「ゆうちょ銀行」で、ドコモ口座を悪用した金融被害が発覚するのは時間の問題だと思われる。

ドコモ口座を持ってない人でも、被害にあう

上で紹介した通り、「ドコモ口座」は本人確認せずに、第三者が勝手に作成できる状態なので、

ドコモ口座と提携している銀行に預金している人すべてが被害にあう可能性がある。

個人でできる事は、「ドコモ口座」と提携している銀行から預金を下ろす事だ。

ドコモ口座と提携していない大手銀行は、「三菱UFJ銀行」となる。

「三菱UFJ銀行」は、ドコモ口座と提携していないので、ドコモ口座が作成できない。なので「三菱UFJ銀行」にお金を預けておけば、今回の「ドコモ口座」不正利用問題の影響を受けない。

ドコモ口座の提携銀行一覧(公式サイトより)

しかしゆうちょ銀行からお金を引き出すにしても、1日50万円までが限度なので、その間に【不正利用】される可能性がある。

最終的にこの問題を解決するには、不正利用に使われている「ドコモ口座」のサービスを、NTTドコモが停止するしかない。

被害者の声

2年前から不正利用されていた「ドコモ口座」

https://twitter.com/pinkrose117/status/1303146055375101952

銀行によってセキュリティに差がある

預金残高0円でも引き出される

 

最新ニュース の他の記事を読む

トップページへもどる

 

 

(c)NTTドコモ

-最新ニュース

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.