【DMM】ダイバーDシステム を全クリした感想、レビュー 評価 攻略 wiki

2019年10/15。DMMゲームの新作RPG「ダイバーDシステム」がサービス開始した。

このゲームには、全年齢版と18禁版(FANZA)がある。

さっそく12時間ほど、ぶっ続けでプレイしてストーリーモードを全クリしたので、ゲームの感想を紹介する。ちなみに1万7000円ほど課金した。

結論から言うと、俺は「ダイバーDシステム」良いゲームだと思った。

Hシーンは動くし、低レアリティ(★3)のHシーンも動く、1キャラにつきHシーンは2種類ある。

好感度システムなので、プレゼントアイテムさえ集めれば、好きなキャラのシーンが見れる。

ゲーム部分もきちんとRPGしてるし、他のDMMゲームで、ろくにRPGのプログラムを組めていないゲーム(あいミスや戦乱プリンセスなど)と比べると、ちゃんとしたRPGゲームになっている。

コンテンツ(ボリューム)不足なのは事実だが、これからイベントクエストなどで増やしていけばいいだろう。

ゲーム性で言うと、「オトギフロンティア」に近い。1日で全クリできる低い難易度。グリグリ動くHシーンに特化した抜きゲー。オトフロが好きな人にはおすすめする。

少なくとも、最近(2019年8月~10月)DMMゲームでリリースされたクソゲーたち「なな姫」「恋する書店」「アリスレコード」とは、格が違う。ゲーム性がしっかりしており、Hシーンも実用的だ。

ダイバーDシステム を全クリした感想、レビュー

ダイバーDシステムって、どんなゲーム?

ダイバーDシステムは、いわゆるRPGゲームで、6人の女の子をパーティに編成して、敵と戦う。

戦闘は、フルオート戦闘なので見ているだけでOK。3倍速、アビオ(アビリティオート発動戦闘)対応。

1戦闘は1分ほどで終わる。しかしロード時間があるので、1周2分ほど。

ロード時間は短いのがちょくちょくある。アップデートで改善できると思う。

難易度は低い。某ネット掲示板では、レベル上げが大変だとか言ってるが、10/16現在デイリークエストが全開放中で、「経験値クエスト」が回し放題で、一気に女の子たちのレベルを上げる事ができる。

基本的に戦闘は、「レベルを上げて物理でなぐる」感じなので、レベルさえ上げれば誰でもクリア可能。

ちなみに私は、全員レベル50で全クリした。全員レベル40くらいでも全クリ可能だと思う。

(管理人のパーティ。全員★5キャラで全員レベル50。戦闘力8682)

Hシーンはアニメーションつき?量は?解放難易度は?低レアリティも動く?

ダイバーDシステムのHシーンは、アニメーションつきだ。グリグリ動く。

レアリティ★5キャラ~★3キャラまで、2種類のアニメーションつきHシーンがある事を確認した。(★2キャラはまだ確認していない。確認次第追加する。)

つまり低レアリティのキャラでも価値がある。キャラクターの所持上限数はないので、大量に低レアリティのキャラクターがいても大丈夫だ。

Hシーンを開放するには、「好感度アップアイテム」(プレゼント)を使う。

各女の子の好感度レベル3、10で、Hシーンが開放される。

好感度レベル3なら、曜日クエストの「好感度アップアイテムクエスト」を何回かやればいけるが、好感度レベル10にするには、大量のプレゼントアイテムが必要になる。

Hシーンは、実用性ある?【結論】

ダイバーDシステムのHシーンは、実用性ある。実際に抜けた。

かなりグリグリ動くので、迫力がある。★3などの低レアリティでも、★5キャラと同じようにグリグリ動く。

ただ似たような体位が多いと感じた。もっと色々なシチュエーションや体位が見たい。具体的には、対面と騎乗は、必須だろう。特に、ベ○チュー対面と恋人繋ぎ騎乗は、今すごく需要がある(俺的に)。

これらシーンの構図の豊富さは、今後追加されるキャラクターに期待したい。

よくないところ

ほめるだけでは、大手サイトのステマレビューと同じなので、私は「ダイバーDシステム」の開発からお金をもらってないので、ここが良くないなと、改善してほしいなと思ったところを紹介する。

ボリューム不足

ダイバーDシステムは、コンテンツ(ボリューム)不足だ。

1日でストーリーモードを全クリできた。

しかしこの問題は、あまり重要ではない。

なぜならこの手の課金ガチャゲームは、ほとんどのゲームがストーリーモードはすぐ終わるからだ。

例えば、DOAXVVもそうだし、DMMゲーム(18禁版)1位常連の「神姫プロジェクト」もストーリーモードはすぐ全クリできる。

基本的にこの手の課金ガチャゲームは、期間限定のイベントクエストを周回して、ガチャで特攻キャラを出して、"俺つええ"してアイテムを集めるゲームが多い。

ダイバーDシステムも、今日からイベントクエストが追加される。イベントさえしっかりやってれば、自然とコンテンツ(ボリューム)は増えてくる。

Hシーンのテキスト量が少ない

Hシーンを絶賛したが、テキスト量が非常に短い。3クリックで終わってしまう。

は?と思うかもしれないが、「BGV」(バックグラウンドボイス)機能があるので、Hシーン中ずっと、あえぎ声が聞こえるので、まあ何とか使えると言った感じ。

これは問題だと思う。せっかくあれだけアニメーションしてるのに、声優までやとってるなら、Hシーン専用のライターもやとって、シーンのテキスト量を増やしたらどうか。

せっかくの長所が台無しになっている。

今あるキャラクターはもういいので、これから追加するキャラクターのHシーンのテキスト量は増やして欲しい。てか3クリックはダメだろ。

★5キャラだけでも、テキスト量を増やすべき。

ストーリー、世界観が暗い

ダイバーDシステムは、正直言ってストーリーが微妙だ。

まあストーリーがおもしろいDMMゲームなんてほとんどないが、唯一ストーリーを評価できるDMMゲームは「ふるーつふるきゅーと」くらいだ。あれはポップでキャラクター愛があって、見ててなごむ。

ダイバーDシステムのストーリーは、「クローディア」という死んだ少女の話がえんえん続く(上の画像)。クローディアを失ったロリコン主人公は、ケモナーヒロインと共に、クローディアに似た「ミランシャ」という戦災孤児を連れ回して、廃墟をはいかいする。

(クローディアに似たミランシャ)

主人公は事あるごとに、「クローディア」を思い出し涙する。もうええわと。それがずーっと続く。

世界観も常に暗い。バトルステージも常に、洞窟の中で、暗い。

もう暗い、暗い、ドンクライ!って感じ。

「ふるーつふるきゅーと」がなぜあれほど成功したかに、明るくポップな世界観というものがある。

ゲームは楽しいものだから、ストーリーを読むというのは楽しい事なのだから、もーちょっと話を明るくできないものか。

話が暗いなら暗いでいいが、ならなぜHシーンに「村人」や「陵辱」シーンを入れないのか。

ミランシャがさらわれたり、殺されたりした方が、読者の「心を動かす」事ができる。

ただ話が暗いだけでは、読んでてつかれる。面白くない。

エロゲーにシナリオは求めていないが、もうちょっと明るくして欲しい。せめてバトルステージは明るくして欲しい。

謎のケモナー推し

このゲームのヒロインは、上の獣の女の子「ソル」だ。

ぶっちゃけ、かなり好みが分かれる。

補足しておくと、他のHシーンがあるキャラクターはもっと普通のかわいい女の子がたくさん登場する。

しかしヒロインが全然可愛くないケモナーなので、そこが気になる。ストーリーでも「ソル」(ケモナー)がメインヒロイン(正妻)ポジションで、話が進行する。

ローディング画面では、ケモナーが尻を振る。これには苦笑した。

ソルがめちゃくちゃ強くてパーティに入れなきゃいけないとか、そういうのはないので、実害はないが、開発の謎の性癖が垣間見える。

まとめ

色々言ったが、「基本無料ゲーム」で、難易度も低い。すぐ全クリできる。Hシーンは低レアリティでも動くので、DMMゲームの新作の中ではおすすめできる。

DMMゲームで実用性がある「抜きゲー」が欲しい人には、イチオシのゲームだ。

 

ダイバーDシステム の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)ダイバーDシステム / ロイ電器

-DMMゲーム
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.