鬼滅の刃アニメ2期「遊郭編」の 声優変更、監督変更、制作会社変更されたか調べてみたwww ufotable 外崎春雄

2021年2/14。鬼滅の刃・アニメ2期「遊郭編」が2021年に放送決定と発表された。

嬉しいニュースだが、監督と制作会社ufotableあってこその「鬼滅の刃」アニメ版のクオリティの高さだと思うので、声優とかも変更されてないか調べてみた。

結論から言うと、何も変更されていなかった。

-監督:外崎春雄氏(鬼滅の刃1期と同じ監督)
-キャラデザ:松島晃(鬼滅の刃1期と同じ)
-アニメーション制作:ufotable
-スポンサー:アニプレックス / 集英社 / ufotable

特に、ufotableは鬼滅の刃アニメ版1期放送中に、脱税事件を起こしており、ふつうなら制作会社として外されるが、鬼滅の刃アニメ版1期の評価の高さを受けて続投となった。

もしufotableが外されていたら、爆死する可能性すらあった(けものフレンズは熱狂的なファンが多く成功が約束されていたが、監督や制作会社を変えて爆死した)。

これで2期安心して見れるね😉

アニメは監督が大事

アニメは監督がすごく大事。アニメの監督は、作品のすべての工程において決定権を持つ

ネーム、原画、背景、撮影、塗り、編集、声優のキャスティング、アフレコ、完成品のチェック、PV(予告編)の編集、すべてアニメ監督が決定する。

キャラデザも大事

アニメは「ストーリー(脚本)」と「キャラクター」で構成されており、

キャラクタービジネス(グッズ販売、ライセンス料)は、アニメの収益の大部分を占める。

魅力的なキャラクターデザインは、作品をヒットさせるための重要な要素となる。

アニメの続編で、キャラデザや声優を変更すると、だいたい失敗する

鬼滅の刃アニメ2期「遊郭編」の 声優変更、監督変更、制作会社変更されたか調べてみたwww

2期で監督が変更されてダメになったアニメは多い

けものフレンズ2

2019年に放送された「けものフレンズ2」は、テレビ東京のプロデューサーが暴走して、前作の監督やスタッフ、声優をほぼ全員リストラし、

前作キャラクターをなかった事にし、前作スタッフや前作のアニメファンに作品中で悪意のある発言・挑発をくり返して、大炎上した。最終的にテレビ東京が謝罪し、問題のプロデューサーは左遷された。

1期は神アニメだった↓

たつき版2期見たかったなぁ😭

ソードアート・オンライン3期

SAO1・2期は神アニメだった↓

ソードアート・オンラインのアニメ1期、2期は、まどマギ、かんなぎの絵コンテ、デスノートの絵コンテ・演出・脚本を務めた、伊藤智彦氏が監督をやり大成功を収めた。

3期ではなぜか、麻雀アニメ「咲」の小野学監督に変更されて、大爆死した。

なお小野学氏は、「新サクラ大戦(笑)」アニメ版のシリーズ構成も務めている。

ガンスリンガーガール2期

1期

2期

いったい何があったんだ😭

ガンスリンガー・ガール1期は、監督に浅香守生氏。代表作は、カードキャプターさくら(監督)、ギャラクシーエンジェル(監督)、ちはやふる(監督)。

アニメ制作会社に、マッドハウスを起用して高く評価された。

しかし調子に乗った原作者が強権を発動し(マンガ原作者は権利元なので、アニメ制作に口を出せる)、監督と制作会社、キャラデザ、声優を全部クビにして、自分が脚本をやると言いだし、

アニメ2期は核爆発を起こし、作品ごとチリになった。

原作者が口を出すとろくな事にならないという、代表的な例。

その他のアニメ監督が交代して失敗したアニメまとめはこちら

 

たつき監督はやっぱ天才だよな。ケムリクサ2期やらんの?きれいに終わってた気もするけど、別キャラ視点とかでやれそうだけど。

アニメ の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)ufotable / 集英社 / アニプレックス

-アニメ

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.