Gamewithが赤字になった理由を、同業者が解説してみたwww

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20201007-00000078-stkms-stocks (ヤフーニュースより)

2020年10/7。企業系ゲーム攻略サイト「Gamewith」が、3億円の赤字に転落した。

私は、6年前からこのゲーム攻略サイトを個人で運営しており、この「Gamewith」などの企業系攻略サイトは、3年前の2017年ごろに大量に出現した。

ゲームをプレイする人なら分かると思うが、「最新ゲーム 攻略」でグーグル検索すると、これら「Gamewith」などの企業系ゲーム攻略サイトがトップページに表示されて、実際にサイトを訪れてみると、

記事には「調査中」としか書かれていない。

それどころか、他の個人でやってるゲーム攻略サイトから、これら「Gamewith」などの企業系攻略サイトは、記事を盗作して(パクって)、以前大問題になった

上場企業で、経団連やCESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)に所属している「Gamewith」が、

個人サイトから記事をパクッて、バイトに書かせて、商売をしていたのだ。

実は2016年にDeNAが運営しているサイト「WELQ」が、他の個人サイトの記事をパクッて、大量に記事を上げて、企業がお金を稼いでいると騒動になった事がある。

他サイトからの記事パクリが問題になった「WELQ騒動」では、DeNAの社長と会長が、泣きながら謝罪会見をした。

問題となったパクリサイトの「WELQ」は閉鎖された。

ソース: https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1033876.html

しかしなぜか「Gamewith」などの企業系ゲーム攻略サイトの【盗作行為】は、問題にならないのだ。

「WELQ」と「Gamewith」「アルテマ」「電ファミニコゲーマー」は、同じ事をしている。個人サイトから記事をパクッて、ランサーズで雇ったバイトに500円で記事をリライトして、お金を稼いでいる。

企業系攻略サイト「Gamewith」の正体

つまりこれら「Gamewith」などの企業系攻略サイトの正体は、

ゲーム攻略サイトがPV数を稼げると気づいた「ネット詐欺師」たちが、

バイトを雇って、個人でやってるサイトの記事をパクッて、

自分たちのサイトで文章をリライト(書き直)して、記事を公開して、商売をしている

だから「Gamewith」は、ゲームが好きなわけではない

お金が稼げるから、なぜか「盗作」などの違法行為がゲーム業界では許されるから、

「Gamewith」や「アルテマ」「電ファミニコゲーマー」などの、違法な【企業系攻略サイト】が大量に存在するのだ。

企業系ゲーム攻略サイトは、ゲーム業界にとって「癌」でしかない。

彼らは「ゲーマー」ではなく、「ネット商材屋」だ。

ネット民がふだん敵視している「アフィリエイトサイト」と、なんら変わりはない。他の個人サイトから【盗作】をくり返すので、「アフィサイト」よりひどい。

企業系攻略サイト「Gamewith」の手口

Gamewithなどの「企業系ゲーム攻略サイト」がでてきたのは、つい3年前だ。

それまでは、一般人がWikiを作ってみんなで情報を交換したり、個人が作った「ゲーム攻略サイト」に、多くのゲームユーザーが集まっていた

そこに目をつけた「Gamewith」などの【ネット商材屋】たちが、

一般人が無償で記事を書いている「ゲーム情報サイト」から、記事をパクリ、

個人でやってる「ゲーム攻略サイト」から、記事をパクリ、

ブクブク太っていき、「Gamewith」は東証一部に上場し、経団連に入会し、ゲームの審査をしている「CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)」に所属するまでに成長した。

しかし「Gamewith」の正体は、

2016年に盗作が指摘されて閉鎖されたヘルスサイト「WELQ」の【他のサイトの記事をパクる】というやり方を、Gamewithは「ゲームジャンル」でやっているだけだ。

しかしぜか「Gamewith」は、盗作をくり返しても、それがヤフーニュースになっても閉鎖される事はなく、現在まで続いている

こんなパクリ企業が、東証一部に上場しているというのだから、おどろく。

赤字になって当然だ。今までがおかしかった。

もし「Gamewith」が私の言ってる事に反論があるのなら、いつでも受けて立つ。なんなら裁判をしてもいい。

「企業系ゲーム攻略サイト」がいかにブラック企業かを、裁判で明らかにしたい。

こんな盗作企業を入会させている「経団連」と「CESA」も同罪だと思う。犯罪の片棒を担いでいるのだ。

企業系ゲーム攻略サイト「Gamewith」は、ネットのゲームコミュニティを破壊した

Gamewithなどの「企業系攻略サイト」が、一般人のゲームファンが運営しているWikiや、

個人が運営している「ゲーム攻略サイト」から、記事をパクって、グーグルの検索上位を独占した結果、

ゲームファンたちが集まって善意で運営していたWikiはつぶれて(記事を上げると片っ端からGamewithがパクる)、

個人でやってる「ゲーム攻略サイト」も全部つぶれてしまった

そして「Gamewith」は情報弱者をだまして、他人の記事をパクッて、大金を稼いだ。

Gamewithは、「ゲームが好き」なわけではない

一般人(ゲームをする若い人たち)は最初は「Gamewith」や「Game8」「アルテマ」「電ファミニコゲーマー」などの【企業系攻略サイト】を訪れていたが、

「調査中」としか書かれている記事しかない。ほしい情報がないのだ。

こんな事をくり返した結果、ゲームをプレイするユーザーたちが、「ゲーム攻略サイト」自体に愛想をつかした

なので最近の若い人たちは、「ゲーム攻略サイト」を見ないYOUTUBEでゲームのプレイ動画を見る。それしか方法がないのだ。

この判断は正しい。

私も「ゲーム攻略サイト」まったく調べない。グーグル検索で今やってるゲームを調べても「エアプGamewith」や「パクリGame8」などのサイトが大量に表示されるだけで、欲しい情報が手に入らない。

なんの意味もない情報だ。「Gamewith」はゲームユーザーにとって、存在価値がない

なぜ「Gamewith」は、赤字に転落したか

ツイッターで「Gamewith 赤字」と検索すると、多くのゲームファンたちが喜んでいる。

これがすべてだ

Gamewithは、他の個人サイトから記事をパクリ、情報弱者をだまして、客を集めて商売をしていた

それがバレた。

Gamewithを、ゲームファンは望んでいない

NO「Gamewith」

NO「アルテマ」NO「Game8」NO「電ファミニコゲーマー」

誰もこれら企業系ゲーム攻略サイトを望んでいない。こいつらはお金が欲しいだけの【窃盗団】だ。

こんな「違法サイト」が東証一部に上場している事自体がおかしい。コンプライアンスはどうなっているのか。

Gamewithには、欲しい情報がない。

Gamewithは、他のサイトの記事をパクッている

この事に気づいた時、そのユーザーは二度と戻ってこない。その情報に価値はない

なので、今後も「Gamewith」や「アルテマ」「Game8」「電ファミニコゲーマー」は、先細りが続く。

ゲーマーにまったく支持されていない。

パクリ情報しかない【違法サイト】が、企業として上場している事自体がおかしい

DeNAの「WELQ」は、盗作を認めて、社長が謝罪して、サイトは閉鎖された

なぜ同じ事をしている「Gamewith」「アルテマ」「Game8」「電ファミニコゲーマー」は、現在進行系で【盗作行為】を続けているのか

Gemewithがパクった、個人でやってる「ゲーム攻略サイト」は客を取られてつぶれてしまった。

Gamewithは、日本のゲームコミュニティを破壊したのだ。

Gamewithと手を組む日本のゲーム業界

驚くことに、このようにゲームユーザーにまったく支持されていない「Gamewith」を、

公式攻略サイトに指定する、日本のゲーム企業が後をたたない

【セガ】の人気ゲーム「ボーダーブレイク」は、Gamewithに公式攻略記事をお金を払って依頼した。

その結果、Gamewithはまともに記事を更新せずに(ゲームをせずにパクリしかできないんだから当たり前)、打ち切られてしまった

これで「ボーダーブレイク」のゲームコミュニティは終わってしまった。

「ボーダーブレイク」のプレイヤーが、まともな「ゲーム攻略サイト」を運営していれば、今だにボーダーブレイクのゲームコミュニティは続いていただろう。

2020年7月に配信されたスマホゲーム「メガミヒストリア」は、Gamewithを「公式ゲーム攻略サイト」として、お金を払って記事を依頼した

その結果どうなったか。

「Gamewith」に攻略記事を依頼して、【集客効果】はあったのか

「Gamewithに公式攻略記事を書かせる」と言った時の、プレイヤーの反応はどうだったのか

ぜひ聞きたい。

Gamewithに【ゲームを攻略する】能力はない

ランサーズで雇ったゲームをしないバイトに、他のサイトの記事をパクらせているだけだ。

昔はそれでだませたかもしれないが、そんな事をくり返した結果が、

3億円の赤字転落だ。

もう回復する見込みはない

今期は、「新型コロナ」の影響で、【巣篭もり需要】があり、国民がゲームやインターネットをしている時間が増えた

そんな「コロナ特需」といえる状況で、Gamewithは3億円の赤字をだしている

Gamewith、Game8、アルテマ、電ファミニコゲーマーなどの「企業系ゲーム攻略サイト」は、ゲームファンに愛想を尽かされている。嫌われている

客に「NO!」と言われている企業の業績が回復するわけがない

今までだまして商売をして、そのツケを払わされている。

おそらく「Gamewith」は今後、一般人のゲームユーザーはだませないと気づいて、日本のゲーム企業に「公式攻略記事」をお金を払って依頼してもらい、シノギを続けるだろう(企業案件)。

しかしそもそも「Gamewith」の攻略記事に価値がない

Gamewithに公式攻略記事を依頼したバカなゲーム会社ともども、【泥舟】に乗り、大河の果てに沈む事になる。

 

最新ニュース の他の記事を読む

トップページへもどる

 

 

(c)エアプwith

-最新ニュース

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.