【シンエヴァ】綾波レイ声優「エヴァンゲリオンは終わります」

2021年3/18。『シン・エヴァンゲリオン』がエヴァ最終作(完結編)になる事が分かった。

レイの声優"林原めぐみ"氏によると、「エヴァンゲリオンは終わります」との事。

【シンエヴァ】綾波レイ声優「エヴァンゲリオンは終わります」

映画パンフレット 22ページより

レイ声優(林原めぐみ):

声の収録で庵野秀明総監督には、絶対欲しいところがある。庵野さんのやりたいニュアンスが0.1ミリもズレてはいけないという緊張感がある。どストライク以外はない。すごい疲れる。

だったら庵野さんが全部自分でやりゃいいじゃん、と思う事もある。

庵野さん「今のすごい良かった!もう1回」って言われるの、かなり恐怖。良かったからもう1回って、何が欲しいんだ?って悪戦苦闘した。

エヴァンゲリオンは終わります。でもきっと終わったところから、皆さんの中で始まる何かもあるかもしれません。

感想

他にも「さらばエヴァンゲリオン」(映画ポスターより)

「さようなら、すべてのエヴァンゲリオン」(映画中のセリフ)

など、『エヴァ』はこれで終わり!というのを何回もくり返しているw

本当にこれで終わりなのか…。アスカエンドは・・・😥

 

エヴァンゲリオン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【編集後記】
インタビュー記事を読むと、セリフの収録現場に庵野秀明総監督がいた事が分かる。つまり『シンエヴァ』のセリフは、庵野監督お墨付きという事になる。

だから「ケンケン」「姫、お達者で~」「胸の大きいイイ女」やマリエンドも、庵野監督は把握している事になる。

 

(c)カラー

-アニメ
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.