【シンエヴァ】「シンジとマリがラブラブ」は『破』の段階で決まっていたwww 庵野総監督インタビュー EVA-EXTRA マリ制作秘話 

2021年3/21。スマホアプリの『EVA-EXTRA』で、新劇場版『エヴァ・破』の映画パンフレットのインタビュー記事が読める。

それによると、「シンジとマリがラブラブになる」のは『破』の企画段階のアイデアで、マリの制作秘話、アスカの名前が"式波"になった理由などが分かった。

【シンエヴァ】「シンジとマリがラブラブ」は『破』の段階で決まっていたwww

(スマホアプリ『EVA-EXTRA』の庵野総監督インタビューより)

「シンジとマリがラブラブになる」アイデアは『破』の段階であった

View post on imgur.com

庵野総監督:

新劇場版『エヴァ・序』の観客の反応が良かったので、『破』は脚本から全部作り直した

マリはプロット段階では、『Q』からの登場だった。『破』では顔見世程度。

『破』は、アスカが初登場しアスカの出番が多くなるので、キャラがかぶる新キャラは出しにくかった。

しかし『序』の客の反応が良かったので、マリの出番を増やした(意味不明)。

『破』から新たに参加した榎戸洋司氏(脚本担当)と、鶴巻和哉監督、摩砂雪監督、庵野総監督で、熱海で2泊3日の男だけの脚本会議合宿をした。

その時に摩砂雪が「Aパートは、墓参りから初めたい」

榎戸洋司が「シンジとマリがラブラブになる」などの、斬新なアイデアやプロットの大幅な修正案がでた。

アスカを3号機パイロットに変更して、作品全体の方向性が変わった

View post on imgur.com

アスカを3号機パイロットに変更するのは、鶴巻監督のアイデア。総監督助手・絵コンテの轟木一騎氏は猛反対していた。

この変更のつじつまを合わせるために、アスカの性格が【良いキャラ】に変更された。キャラもシチュエーションも練り込まれないまま、トウジをアスカに変更しただけの、行きあたりばったり状態だった。

アスカが3号機に乗る事を、鶴巻は【死亡フラグ】と呼んでいた。結果、3号機にアスカが乗るところを、アスカのドラマのピーク(山場)に変更した。

マリは、鶴巻監督に任せた

View post on imgur.com

【新劇場版】を作る時に、「女性のEVAパイロットの新キャラクターを1人増やす」事を決めていた

【TV版エヴァ】は自分で作ったので、自分で脚本をこわして、マリの出演シーンを入れるのは難しかった。なので、第三者にこわしてもらおうと思った

マリは、自分でデザインせずに「イギリスのお嬢様学校に通うお姉さん的で、動物好きかも」というアバウトなイメージだけを伝えて、

キャラデザの貞本義行氏と、鶴巻監督に任せた

マリの外見は、貞本義行氏が描いた。

性格は難航した。アスカとレイというエキセントリックなキャラクターがいて、ヒカリという委員長キャラがすでに存在した。

作画が大変なのでアニメーターからは嫌われるメガネっ子キャラを出す」のは決まった。

もともとは、マリはアスカといっしょに2号機に乗っていた。ユーロネルフ所属のアスカの先輩キャラだった。

マリが空から降下してくるのは、鶴巻監督がやりたかった事。

マリは、鶴巻のこだわりの賜物。マリは、かなりの部分をマッキー(鶴巻監督)に任せている

声優を坂本真綾氏に推薦したのは、貞本義行氏

マリが『三百六十五歩のマーチ』を唄うのは、庵野総監督のアイデア。僕が子供の頃に聞いていた昭和歌謡

マリが「どっこいしょ」など言うのは、昭和のオヤジっぽさを出したくて入れてる。

マリの名前は、『イラストリアス』は英国空母の名前。真希波は海上自衛隊の『あやなみ型護衛艦』から。式波もそうです。

映画本編で語るかは分からないが、【新劇場版】ではTV版から、エヴァパイロットの設定を変えている

アスカも惣流から式波に変更した。

マリという名前は、嫁さん(安野モヨコ)の漫画に登場したキャラ『マリコ』から。最終的には『勇者ライディーン』の桜野マリから、マリに決めた。

アスカのキャラ設定を変えたので、名前を『式波』に変えた

View post on imgur.com

アスカはキャラ設定を変えたので、名前を『式波』に変えた

アスカと加持リョウジとの関係をバッサリ切ってなくした。映画だと、加持とアスカの話まで描く余裕がなかった。

新劇場版の加持は、マリの上司として登場させた。

ドラマとして、アスカの孤立度を高くしたかった。

TV版のアスカは「あこがれの男性がそばにいて、表層的には人づきあいが上手な女の子」として描かれていた。

しかし映画版は尺が短いので、新劇場版のアスカは、シンプルに周囲から孤立させて、ミサトくらいしか知り合いがいない、友人が誰もいない状態にした。だから加持リョウジとも引き離した。

アスカの声の収録を聞いて思ったのは、ホント宮村は相変わらず芝居にムラがあって面白いです。

坂本真綾に声の収録時に、「マリってどういうキャラですか?」と聞かれて、庵野総監督が即興でマリのキャラクター像を長々と説明した。後で、鶴巻監督から「そんなキャラではない」と責められた。僕自身その時に「あ、マリってこういうキャラなのか」と気づいた。

マリの演技に関しては、鶴巻監督に任せた。坂本真綾と鶴巻監督は『トップをねらえ2』からのつき合いなので安心するかなと。

DVD(ブルーレイ)版で1013カット差し替えた

『エヴァ・破』のDVD/ブルーレイ版(2.22)は、映画版から1013カット差し替えた

アニメ業界では「バカじゃないのか」と言われてる

DVD版用に、TVアニメ1クール分の予算を使って、撮影の再調整や新作シーン、アフレコの録り直しなどを追加した。

安野モヨコ氏の影響

妻の安野モヨコ氏に、シナリオやマリをどうしたらいいかなどの相談をしている。

『新劇場版』は、嫁さんの安野モヨコ氏の影響が大きい

特にアスカとマリには、大きく反映されている。

 

エヴァンゲリオン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

感想

庵野総監督のインタビュー長いな😲小説の短編4本くらいのボリュームあるぞw

インタビュー記事を読んでて思ったのは、庵野監督は、特撮が好きで、アニメと特撮の融合を求めており

かなりの完璧主義者で、脚本はギリギリまで練り直して、絵コンテも最後まで描き直して、ラッシュ(編集してない状態のフィルム)段階でもまだ試行錯誤して、声の収録では10~20テイク録って1つだけ採用する、音響にもこだわる、宣伝(プロデュース)すら自社(カラー)で行うなど、

映画全体に渡って細部までこだわって作っている事が分かる。

しかしその結果、話をひねりすぎて、「前と同じではいけない」とハードルを自ら上げてしまい、マリエンド・ケンケンという本来ファンが望まないものを生み出してしまった

【おまけ】EVA-EXTRAの使い方

スマホアプリ『EVA-EXTRA』はUIがゴチャゴチャしてて使いにくいので、どこにインタビュー記事があるか紹介する。

まずアプリを起動して、画面一番下の時計マーク(履歴ボタン)を押す→「全記録全集」→破→庵野秀明 で読める。

 

(c)カラー

-アニメ
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.