FF7リメイク 考察 プレジデント神羅は屋上でけんすいしてたの? 

FF7リメイク:17章より

この先、行ったらもう戻れない

こりゃ愉快な状況だ

頼む!手が限界だ。謝礼なら、いくらでも

FF7リメイク 考察 プレジデント神羅は屋上でけんすいしてたの? 

FF7リメイクの17章で、神羅カンパニーの社長である「プレジデント神羅」がビルの屋上でぶら下がっているシーンがある。

神羅カンパニーの本社ビルは、70階建ての超高層ビルで、地上から屋上までは、約300mほどの高さがある(同じく70階建ての横浜ランドマークタワーを参考)。

そのような高さで、けんすいをするとは、プレジデント神羅は「ルーファー」だった?ルーファウスだけに。

ガラガラの神羅本社ビル

だれかー誰かいないかー

ー誰もいない神羅本社ビル屋上に、プレジデント神羅の声が響く。新型コロナウイルスの影響で、社員は自宅待機中だった?

ー割れた窓ガラス。

犯人は、ルーファウス?

ルーファウスが、社長になるために、タークス(ツォン、レノ、ルード)を使って、プレジデント神羅を暗殺した説がある。

しかしそれならなぜ、ぶら下げたままにしていたのか説明がつかない。

 

FF7リメイク の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)スクウェア・エニックス

-FF7リメイク

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.