【パラレル確定】FF7リメイク 考察 フィーラー(運命の番人)完全解説 メタ発言 平行世界 タイムリープ 原作厨

フィーラーとは何か FF7リメイク:17章より

フィーラーだ

「運命の番人」という理解が最適だ

運命の流れを変えようとする者の前に現れ、行動を修正する

うんめいって、運命?(バカ?)

言い換えれば、この星が生まれて、消えるまでの流れ

その流れは、もう決まっている。そういうこと?

ああ…星は力尽きてしまうらしい

んな、真っ暗な未来に向かって、俺たちを送り込むのか。フィーラーはよ

そもそも、なんでお前はそんなこと知ってるんだ?

エアリスが私に触れたとき、

フィーラーの知識もそこにあった

あのね、聞いて

ーエアリスが話そうとすると、フィーラー(運命の番人)が現れてジャマをする。

わたしたちの敵は、神羅カンパニーじゃない

きっかけは神羅だけど、本当の敵 他にいる

わたし どうにかして助けたい みんなを 星を

エアリスは、なにを知ってるの?

今は、迷子みたい。動くほど、道がわからなくなる。

フィーラーが触れるたび、私のカケラが、落ちていく。

黄色い花が、道しるべだったんだ。

FF7リメイク 考察 フィーラー(運命の番人)完全解説

フィーラー(運命の番人)のゲーム内の解説文

未来の運命から引き出され、具現化した存在。武器を操り、己を形成する未来を守ろうとする。

運命の番人である「フィーラー」の集合体。運命の流れを変えようとする者の前に立ちふさがる。

星の運命にある、すべての時間、すべての空間とつながっている。

パラレルワールド確定

「星の運命にある、すべての時間、すべての空間とつながっている。」

これは、別の時間軸、別の空間がある事を示している(平行世界)。

ゲーム内の文章であり、FF7リメイクがパラレルワールドだと確定した。

フィーラーは、何が目的?

運命の流れを変えようとする者の前に現れ、行動を修正するのが、フィーラー(運命の番人)の目的。

フィーラー(運命の番人)=原作厨ってほんと?

ほんとう。日本より1週間早く発売された海外では、考察が進んでおり、フィーラーは、

「FF7リメイクのストーリー改変を許さないFF7オリジナルのファン」の事だとされている。

上の英文の日本語訳:

FF7リメイクの幽霊(フィーラー、運命の番人)とは、FF7オリジナル版のファンの事です。

ファンとは、ゲーム内でFF7のキャラクターの改変をジャマする人たちの事です。

ほそく

つまりフィーラーは、メタ要素を含んでいる(開発の原作ファンに対するオマージュ、皮肉)。

「運命の壁」を超えるというのは、ここから原作のストーリーを改変するという意味。

このようにFF7リメイクは、考察すればするほど、メタ発言(ゲームのキャラクターが、プレイヤーに向けて話す。エアリスの場合、FF7オリジナル版をすでにクリアしている前提で話す[2周目]。)が多い。

 

FF7リメイク の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)スクウェア・エニックス

-FF7リメイク

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.