FF7リメイク はグラフィックだけのクソゲーだったwww 評価 感想 レビュー 一本道 クソマップ 未完成 

5年前の2015年6月。E3で「FF7リメイク」が発表された。全世界のゲーマーが歓喜した。

それから5年の月日が流れた。

2020年4/10。ようやくゲームの一部分、オリジナルではゲーム序盤のミッドガル編だけを発売するという。

「FF7リメイクは三部作になる」と言われていたが、北瀬佳範プロデューサーは、「まだ我々も何部作になるか分からない」などと言葉をにごしている。

いったいいつ「FF7リメイク」は完成するのか。インディーズメーカーが作ってるならいざ知らず、開発は大手のスクウェア・エニックスだ。開発スケジュールはどうなっているのか。

FF7リメイク はグラフィックだけのクソゲーだったwww

「5年かけてゲーム序盤だけを作りました」と言うので、さぞかし面白いゲームかと思いきや、とんだ見かけだおしだった。

グラフィックは確かに良い。しかしグラフィックに全振りで、ゲーム性やUI、シナリオがおざなりになっている。

魔晄列車からクラウドが降りてプレイアブルになった時、「開発中のゲーム」という感じがした。

チュートリアルでいちいち画面を止める。仲間に話しかけると立ち止まる、長押しで宝箱を開けるなど、UIが古臭く、いったいいつの時代のゲームだと苦笑した。

道は一本道が続く。「一本糞マップ」とバカにされたFF13から何も進歩していない。

宝箱が無造作に置かれている。ハシゴにキャラが重なって降りるなど、上げたらキリがない。ハッキリ言おう。クソマップだ。

敵はやたら固く、ザコ敵がドスランポス並に固い。ボス戦ではあまりの固さに、何かやり方を間違ってるかと疑ったほどだ。

中途半端なゲーム

FF7リメイクは、「中途半端」なゲームだ。

どうみても「アクションゲーム」なのに、戦闘で回復アイテムを使う時は、いちいち画面を止めてアイテムを選ぶ。

FF7リメイクをアクションゲームとして見ると、完全にクソゲーだ。仁王2やダークソウル、ニーアオートマタなどと比べて見ればよく分かる。ユーザー目線で作られていない。

アクションゲームなのに、RPGという事になっている。なんとも中途半端だ。

5年かけて何作ってたのってなる。

FF7リメイクを面白いと思わない

FF7リメイクをプレイしても、ドキドキワクワクしない。

上の動画は、FF7オリジナル版のPVだ。今見ても面白そうだ。やりたい!と思う。

ふだんPS4のゲームをしない一般人は、FF7リメイクのグラフィックだけを見て「すごい!」と思うかもしれないが、ゲームは中身だ。グラフィックも重要だが、美人は3日で飽きる。

「FF7リメイク」と「FF7オリジナル」、グラフィックが同じだとしたら、どちらを遊びたいか。答えは明らかだ。

「FF7オリジナル」のBGMは今でもおぼえているが、「FF7リメイク」のBGMはおぼえていない。

クラウドはホモ化し、バレットはガイジ化した。

よくここまで名作のFF7を"改悪"できたなと感心した。

 

FF7リメイク の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)スクウェア・エニックス

-感想、レビュー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.