【盗作】FGO 今度は小説からパクるwww ディオスクロイ サリエリ 桜井光

2020年5/17追記

今度はFGO公式サイトでパクリが見つかりました→ 【盗作】FGO今度は公式サイトでパクリが判明www

パクリ(FGO)ディオスクロイのプロフィール文章

・元来「足速き馬駆る者たち」として崇拝され
・嵐の後に輝き出る星
・だが、時代が下ってからは、嵐のさなかに船のマストなどで見られる「聖エルモの火」が
・顕現と信じられるようになった。

・さまざまな危機から緊急に人々を救う神として崇められたが、
・「アルゴナウティカ」の影響など
・航海する人々を救う神をしての性質を帯びるようになった。

・「二人の王たち」「二柱の神」などの
・固有の名を持っていなかった

オリジナル(小説)ホメーロスの諸神讃歌[ちくま文芸文庫]

完全にパクっててワロタw

どうやっても言い逃れできないでしょ。

【盗作】FGO 今度は小説からパクるwww ディオスクロイ サリエリ 桜井光

これはパクリなのか

パクリ元は、ちくま文芸文庫の小説「ホメーロスの諸神讃歌」で、翻訳者は、沓掛良彦氏(東京外国語大学名誉教授)。海外文学の翻訳書籍多数。

元が、海外文学の「ホメーロス讃歌」なので、紀元前8世紀の本だから、著作権は切れていると言うのは、間違い。

ホメーロス讃歌は、「古代ギリシア語」で書かれている。それがギリシャ語や英語に翻訳されて、

それをギリシャ語や英語が分かる「翻訳者」が、古代の古風の言い回しをする文章を何日もかけて翻訳して、本として販売している。

翻訳者の文章に「著作権」が発生するのだ。

「ホメーロスの諸神讃歌」(沓掛良彦著)は、2004年に発行されており、著作権は切れていない。

パクリを擁護するFGOファンたち

いや、ホメロス自身はギリシャの人なんだし、著作権消えてるでしょwwwちゃんと法律を理解してからツイートしましょうねwww

オリジナルの登場人物ではなく、神話の登場人物であるので、微妙なラインかなと。

本に書かれた文章には、著作権があるんだよ。

そこから勝手に文章を使って、引用元を載せてないって話なのにそんな事も分かんないの?

こまくさ:
あなたのツイートにも、引用元の記載がありませんが、著作権法上の問題はないのですか?(論点のすり替え)

すでに権利者の沓掛良彦氏と(FGOが)契約済みで、逐一出典を記載しなくてもいいようにしているかも知れません。

これだけだとちょっと(パクリか)分かりませんね。

うめぼし:
ですよね。そんな事も考えずに、盗用だの何だの言ってるやつの方が、よっぽど民度低い。

犯人は桜井光氏?

桜井光氏は、女性のゲームシナリオライター。FateやFGO、ニトロプラスなどの文章を担当している。ネカマ疑惑がある。

今回問題になったディオスクロイのプロフィール文章も、桜井光氏が書いたものとされている。

桜井光氏は、パクリの前科があったw

サリエリ(FGO)

至高の神よ、我を憐れみたまえ

オリジナル(小説)サリエーリ・モーツァルトに消された宮廷楽長

至誠の神よ!我を哀れみ給え

ーサリエーリ・モーツァルトに消された宮廷楽長。水谷彰良著。276ページより

黄雷のガクトゥーン

ハサン

ファンが書いたwikiのキャラ解説文

FGO公式がパクるwww

ガウェイン

オリジナルwikiの文章

「太陽の騎士」と謳われ、生真面目な性格だが重苦しく構えたところがなく、その態度はまさに清廉潔白を思わせる。

王への鉄の忠誠心と揺るぎない信頼により、ただ王のための一振りの剣であることを望んでいる。

パクリ(FGO)ガウェイン

FGOって盗作OKなの?

じゃあFGOのデータ全部ぶっこ抜いて、エミュサーバー作られても文句言うなよw

5/4追記 運営はサイレント修正してるもようw

 

2020年5/17追記

今度はFGO公式サイトでパクリが見つかりました→ 【盗作】FGO今度は公式サイトでパクリが判明www

FGO の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)FGO

-FGO

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.