【動画あり】光本勇介が逮捕されない理由 テキーラ強要殺人事件 テキーラチャレンジ 東京オリンピック 上級国民

【動画あり】光本勇介が逮捕されない理由

理由①親が上級国民だから。2020東京オリンピックの関係者

東海大学柔道部公式サイトより

光本勇介の父親「光本健次」氏は、オリンピック日本代表の師範。

光本勇介の母親「光本恵子」氏は、日本オリンピック委員会会長の山下泰裕氏の元秘書で、2020東京オリンピック組織委員会に所属している。

https://back-athlete.com/interview-mitsumoto-keiko/

よくこんな立派な親から、あんなのが生まれたな🙄しかも上級だから逮捕されないという😅

理由②警察「事件性はなし」捜査する気がない

20才の女性が、テキーラ一気飲みを強要されて、トイレの前で泡を吹いてたおれた後、救急車も呼ばずに、ダンボール箱に頭を突っ込んでいたのを、

現場で確認した渋谷警察署は、「事件性なし」と判断して、捜査を打ち切った。

https://bunshun.jp/articles/-/42176

(光本祐介氏がテキーラチャレンジした時の証拠写真。テキーラが注がれた大量のコップがある。これを20才の女性に一気飲みさせていた)

その後、渋谷警察署は遺族に、死因を「急性アルコール中毒」ではなく、「誤嚥(ごえん)性肺炎」と説明した。

理由③金持ちなので、金で示談してしまう

金持ちなので、金で示談してしまう。被害者に、被害届を撤回させる事ができる。この国では、上級は無罪。

天上人かよw😂

理由④女性が死んだ時に、いっしょに飲んでいた光本の友人が大物実業家だった

理由⑤女性を殺した後も、テキーラチャレンジをくり返していた。おとがめなし

理由⑥現在も逮捕されていない。女性が悪いと言い続けている

インターネット上で、亡くなられた女性が「お酒を強要された」「一気飲みを強要された」という指摘があるが、

テキーラチャレンジは、女性の希望で行った。私や知人、同席していた人は、

女性の飲酒を煽ったりしていない。テキーラチャレンジ中も、女性が自分でコップにお酒を注いで、勝手に飲んだ。

光本勇介氏のブログより: https://yusuke.tokyo/gosetsumei/

理由⑦この事件は、テレビで報道されていない。圧力がかかってる

この「テキーラ一気飲み殺人事件」は、2020年11/27に発生している。その後、渋谷警察署は【事件性なし】と判断し、捜査を打ち切り、女性の遺体はすでに親族に引き渡されて、お通夜も終わっている。

事件の発生した渋谷区・恵比寿のバー「38℃」は閉店した。

テレビ局は、一切報道していない。NHKですら、ニュースになっていない。

この事件が話題になったのは、半グレのZ李氏がツイッターで告発したからだ。

しかしそのZ李氏も、圧力を受けたのか、これらの告発ツイートをすべて削除している。

Z李氏は、「光本が謝罪したから、投稿ツイートを削除した」と言っているが、光本氏は、「女性が勝手に飲んだ」と主張しており、謝罪ではなく、明らかに言い訳(弁明)の文章となっている。

現在、この事件を追求している影響力のあるメディアは、週刊文春と青汁王子くらいだ。

この2人が追求をやめれば、すぐに風化するだろう。

日本人はそのくらい飽きっぽい。

簡単な話だ。文春と青汁王子に、JOC(日本オリンピック委員会)が企業案件をだして、クライアントになれば、お金をもらっている以上、クライアント(仕事の依頼人)を叩けなくなるので、もうそれ以上追求できなくなる。

テレビが報道しない(メディアとしての責任を果たさない)ので、個人の力では限界がある。

警察も捜査をする気がない。逮捕もされていない。親は、両親ともオリンピック関係者で、逮捕すればオリンピックに影響がでる。

理由⑧実は、テキーラチャレンジでもう1人死んでいた

事件が発生した東京都渋谷区・恵比寿にあるバー「38℃」では、2020年11月に外国人女性が、今回の事件と同じく、テキーラ一気飲みをして、死亡した事件があった。

警察は、事件性はないと判断した。

 

【画像あり】光本勇介「女性がやりたいと言って、勝手に飲んで死んだ。正直迷惑」 最新記事!

最新ニュース の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)JOC / 2020東京オリンピック

-最新ニュース

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.